他のサービスIDでログイン

  • Facebook
  • Google

メールアドレスでログイン

ID:

password:

無料会員登録

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

posted

合格応援マガジン 日商簿記3級の先生に勉強のコツ聞いてみた(前半)

合格応援マガジン 日商簿記3級の先生に勉強のコツ聞いてみた(前半)

来月に控える日商簿記3級試験。ただいまオンスクでは、試験対策に役立つ「試算表と財務諸表の作成法の解説動画(第3問&第5問の解き方)」を公開しています。

今回は、この動画にご出演いただいた講師の織田香里先生に、解説動画のポイントから試験対策の勉強法など、勉強中の皆さんが知りたいあんなことやこんなことを、トコトン語ってもらいます。これを見れば、試験に向けて自信になること間違いなし?!

ぜひ、ご覧ください。

試算表・財務諸表のポイント「最後まで諦めない」

スタッフ
まずは、今回の講義動画の利点はどこでしょう?

織田
手元を映した撮影スタイルなので、問題の解き方がダイレクトに伝わる部分でしょうか。「売掛金が借方に書いてあるよね」っていうと、手元で見ているものと同じなのでわかりやすいんですよね。

あと、同じ紙のサイズでやった方が、実際にやる時も迷うことがなくなると思います。黒板に書くと、どうしても違うところに書いてしまう場合があるので。

スタッフ
確かに同じ環境で問題を解いてる姿を見れば直感的に理解できそうですよね。今回は2月試験対策として第3問と第5問の解説をしていただきました。やはりここが重要になってくるのでしょうか?

織田
動画では試算表と貸借対照表、損益計算書を作ったんですが、いずれも苦手だと感じてる受験生がとても多いところなんですよね。というのも「できた!」と思って最後に計算してみるとだいたい合計が合わないんですよ。

スタッフ
確かにできたと思ったのに合計が合わないとショックですよね。

織田
だから、合計がずれた段階で、恐らく間違ってるなと感じてしまう人がとても多くて。
それで気持ちが沈んでしまうんですけど、そうじゃないんです。もちろん全部合ってることが一番いいんですけど、合計が合わなくても部分点で8~9割は取れることもあるので、もうダメだと思って諦めないことが大切ですね。

もうひとつ、動画を見てもらえればわかると思うんですけど、実は誰がやっても問題を解くには同じくらいの手間がかかるものなんです。
「先生なら一瞬でできるんですか?」ってよく言われるんですけど、私でも時間をかけてひとつずつ処理していくしかないんですよね。

皆さんより慣れている分、メモを書いたり計算するのがちょっと早めにできる感じはするんですけど。でも、実際にやったら全然合わないこともあるんですよ。試験当日も同じ問題を解くんですけど、「なんで合わないのよ!」ってなりますしね(笑)
だから、合わない時の嫌な気持ちっていうのはすごくわかるんです。

会計のプロとして最前線で活躍されてる人も、最初はみんな同じルートを辿ってきています。近道している人なんていないので、間違っても気持ちを楽にして簿記の勉強に取り組んでもらいたいですね。

問題を選んだポイントは過去の問題を徹底分析!

織田先生

スタッフ
先生には問題の作成から携わっていただきました。問題の作成について、第3問と第5問のそれぞれで、先生が意識したポイントを教えてください。

織田
まず、第3問は前回が残高試算表だったので、今回は合計残高試算表が出題される可能性が高いのではないかと予想しました。
さらに借受金、手付金が最近多いので、仮受け仮払いの言葉を入れたところですね。

あとは、ひとつの仕訳でどちらかがふたつ以上になるものは、どの金額をどこにはめるかがちょっと難しいんですよね。だから、そういった仕訳の問題も入れて、金額の取り方、どこの金額を給料とするのかなとか、どこの金額が受取手形の金額なのかな、とかがわかるような感じなってると思います。

スタッフ
第5問はいかがでしょうか?

織田
第5問は前回が精算表だったので、貸借対照表と損益計算書の作成にしました。内容は同じなんですけど書き方が違うので、精算表のパターンだけで覚えてる方はちょっときついですよね。で、貸借対照表と損益計算書のどちらか片方から作るのじゃなくて、どちらにも入る項目があるので、動画では一緒に入れて片付けていくかたちで解いています。その流れを確認してもらえれば本番でもスムーズに解答できると思いますよ。

あと、貸倒引当金や減価償却累計額はカッコが複数あると、どこに何を書けばいいかがわからないという方がけっこう多いので、あえて全部カッコにしてみました(笑)
ぜひ、一緒に書きこんで、苦手意識を克服してくださいね。

スタッフ
確かにカッコ多いですね(笑)

織田
多いですよね。でも、ひとつだけでも自信を持って埋められれば、他も見えてきたりすることもあるんですよ。

スタッフ
貸倒引当金とか減価償却累計額って理屈はわかっていても書く場所で迷うということが多いと思うので、こういうふうに実際に書き込みながら教えてもらえるのはいいですね!

織田
そうですよね。やってることは引き算しているだけなんですけど、ポッと出た金額がなんの金額かわからずに、「この金額はどこからきたんですか?」っていうのをよく聞かれるんです。そこで「こことここを引き算してますよね」っていうと、ああ~ってなるんです。

スタッフ
わかってしまえば難しいものではないですもんね。
それでは最後に質問なのですが、先生からみて日商簿記とはどのような試験なのでしょうか?

織田
一言で言うと、頑張った人はきちんと結果が出る試験だと思います。マークシートの試験ではないので、運良く合格できてラッキー!ということはないんですよね。東京商工会議所から合格発表があると、授業が終わったあとに合格のお礼というか報告に来てくれる人がいるんですけど、やっぱり真剣に頑張ってやっていた人は90点以上で余裕を持って合格してるなっていう印象です。

もちろんギリギリの点数でも合格は合格なんですけど、最小限の力で最短でいこうと思うと、ちょっと足りなくなっちゃうかもしれないですね。だから、せっかく受けるなら、とにかく頑張って勉強して、お釣りがくるぐらいの点数で合格を勝ち取って欲しいなと思います。

次回は、試験勉強の仕方について具体的なテクニックやマインドセットについて先生に聞いていきます。お楽しみに!

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ