他のサービスIDでログイン

  • Facebook
  • Google

メールアドレスでログイン

ID:

password:

無料会員登録

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

2018/1/30 updated

合格応援マガジン 日商簿記3級の先生に勉強のコツ聞いてみた(後半)

合格応援マガジン 日商簿記3級の先生に勉強のコツ聞いてみた(後半)

来月に日商簿記3級試験が控えていますが、皆さんは学習の進捗はいかがでしょうか。ただいまオンスクでは、試験対策に役立つ「試算表と財務諸表の作成法の解説動画(第3問&第5問の解き方)」を公開中。

後半の今回は、試験勉強の仕方について具体的なテクニックやマインドセットについてインタビューしてきました!

勉強法について「解いて確認してを繰り返す」

スタッフ
試験まで2週間というところでまだ手応えを感じられない人は、残りの期間に何をすればいいでしょうか?

織田
とにかく過去問を解くことだと思います。同じ問題は2度と出ないんですけど、やっぱり何度も過去問を解いて確認をしてを繰り返すことで自信になると思うんです。その自信は試験当日、わからない問題にぶつかった時に、自分の気持ちを後押ししてくれるはずです。「やったからできるはずだ!」と前向きに考えられるか、「あぁ…もうダメだ…」と思うか、最後は頑張ったと自信を持って思える自分の気持ち次第ですからね。

スタッフ
確かに試験当日の緊張感の中で自分を支えてくれるのは、そこまで頑張ってきた自分だけですもんね。ちなみに今回の動画はどのタイミングで見るのがおすすめですか?

織田
何もわからない状態よりは、仕訳がちゃんとできて、一通りの処理ができるようになったあたりが良いと思います。試算表にぶち当たって、どうやって作るんだろうと思ったときに見ていただけると、「仕訳や集計はこういう風にやればいいんだ!」と感じてもらえるはずです。

織田先生

初学者に向けて「習うより慣れろ」

スタッフ
日商簿記3級の初学者の方に向けて、アドバイスをお願いします。

織田
3級については「習うより慣れろ」と言われることが多いんですけど、本当にそれにつきると思います。一通り勉強してわかったつもりになっていても、いざ問題を前にしてやれますかっていうと手が動かなかったりするんですよね。だからこそ、自分の手でたくさんの問題に触れていただきたいと思うんです。そうして、いっぱい迷って、いっぱい考えて理解したことが絶対に力になりますから。

スタッフ
それでは、最後に2月試験に向けて頑張っている受講生に対して、アドバイスをお願いします。

織田
2月の頭には過去問に入れるというのがひとつの目処かと思います。で、過去問はひたすら回数をこなすのではなく、見直しに時間をかけて、なんで間違ったのかを見つけることが大切です。それがわからないと、2回やっても3回やっても同じですからね。あとは常に70点を意識してください。まず、どれだけ時間がかかってもいいので、70点の答案ってここまで埋まってるんだなということは実感してみましょう。そこまでいけば、あとは時間の短縮だけです。それで、最終的に120分を切ればいいのです。

スタッフ
なるほど。早い段階で70点のラインを意識するのは大切なことなんですね。
織田先生、ありがとうございました!

織田先生出演中の試算表と財務諸表の作成方がわかる「解説動画」詳細はこちら

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ