他のサービスIDでログイン

  • Facebook
  • Google

メールアドレスでログイン

※オンスクアプリの会員情報でもログインできます

ID:

password:

無料会員登録

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。

2017/12/4 updated

夜景評論家おすすめの夜景5選【関東編】~夜景検定を学びませんか?~

夜景評論家おすすめの夜景5選【関東編】~夜景検定を学びませんか?~

連載「夜景検定を学びませんか?」では、「夜景鑑賞士検定」通称「夜景検定」について、これまで概要や勉強の内容をお伝えしてきました。
夜景検定の意義や夜景が地域にもたらす影響など、夜景のすごさを感じていただけたのではないでしょうか。

さて今回は、夜景検定の関連サイト「日本夜景遺産」から関東でおすすめの夜景スポットを5つ厳選してご紹介します。

広告

湘南平(神奈川)|夜景の定番!関東を代表するスポットの1つ

夜景1

湘南平(しょうなんだいら)とは、神奈川県平塚市にある高麗山(こまやま)公園内の泡垂山(あわたらやま)の山頂のことです。標高は179m。古くは泡垂山千畳敷と呼ばれていました。
数多くの夜景スポットに恵まれた関東地方の中でも、古くから親しまれている場所の1つです。

360度のパノラマがのぞめる湘南平は「神奈川の景勝50選」「平塚八景」など数々の指定を受けている絶景スポット。
平塚市と伊勢原市、藤沢市の街明かりが一望でき、西側には相模湾の湾岸線が見られます。

主な展望台は2か所ありますが、レストハウスの展望台のほうが見渡せる範囲が広く、おすすめです。

住所:神奈川県平塚市万田790
URL:http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/index.html
(平塚市公式ホームページ)

飯岡刑部岬(千葉)|壮大な自然が胸を打つ「東洋のドーバー」

夜景1

千葉県東部、屏風ヶ浦と九十九里浜との境にある断崖が刑部岬(ぎょうぶみさき)です。高さ60mの壁が延々と続く、その迫力ある景観から「東洋のドーバー」とも称されます。

展望台「光と風のデッキ」は入場無料。設置されている双眼鏡も無料で使用できるのはちょっと嬉しいポイントです。

夜景も見事ですが、朝日と夕日も共に素晴らしくておすすめ。「日本の朝日百選」「日本の夕陽百選」にも選定されている人気のスポットなんですよ。

日中は九十九里浜と太平洋が一望でき、夜は果てしなく続く海岸線のうねる光のラインと旭市街地のほのぼのとした街明かりを堪能できます。天候に恵まれれば頭上には満天の星。自然のダイナミックさを感じられる場所です。

住所:千葉県旭市上永井1309-1
URL:http://maruchiba.jp/index.html
(千葉県公式観光情報サイト「まるごとe!ちば」)

川崎マリエン(神奈川)|「工場夜景」発祥の地が見られる

夜景1

川崎臨海部に広がる工業地帯は、近年流行の「工場夜景」発祥の地と言われます。その景観を眺めることができるスポットとして貴重なのが、川崎マリエンのタワー棟10階にある展望台です。

地上51mの高さにある展望台は360度ぐるりと見渡せるパノラマビュー。
工業地帯の光群の他に横浜ランドマークタワーやレインボーブリッジ、東京タワーにスカイツリー、お台場の観覧車や羽田空港から飛行機が飛び立つところも見られます。

案内タッチパネルが設置されており、前知識がなくても楽しめて親切。家族やカップルでも楽しめる休日におすすめの場所です。

住所:神奈川県川崎市川崎区東扇島38-1
URL:https://www.kawasakiport.or.jp/
(川崎マリエン公式ホームページ)

六本木ヒルズ展望台(東京)|関東の中心・東京の名所を一望!

夜景1

東京のど真ん中に位置する六本木ヒルズにある展望台には、室内型の展望回廊「東京シティビュー」(52階)とオープンエアの「スカイデッキ」(屋上)があります。

どちらも360度の景観がダイナミック。東京タワーやスカイツリー、お台場の観覧車など、首都・東京とその近隣の要所が一望できるスポットとして人気です。
夜景の名所が多い関東地方の中でも、こちらで見られる夜景の美しさは随一。

天候が良ければスカイデッキがおすすめです。ビルのオープンエア展望施設の中では日本一の高さを誇ります。足元には東京の都市夜景、天を仰げば星空観賞と、天地の光群に挟まれる新感覚。

できるなら、平日のほうがオフィス街の明かりが多くともるのでおすすめですよ。

住所:東京都港区六本木6-10-1
URL:http://tcv.roppongihills.com/jp/index.html
(六本木ヒルズ展望台東京シティビュー公式ホームページ)

奥日光湯元温泉雪まつり(栃木)|やさしい灯りに癒される

夜景1

毎年冬に、奥日光湯元温泉で行われるイベントを総称して「奥日光湯元温泉雪まつり」と呼んでいます。イベントの内容は氷彫刻大会や花火大会など。

この中で日本夜景遺産として認定されているのが「雪灯里(ゆきあかり)」というイベント。高さ約40cmのかわいいミニかまくらが500個以上も作られ(個数は毎年変動)、中に灯りがともされます。以前はろうそくでしたが、2011年からはLED電球へと一新しました。

しんと静まりかえった雪景色の中、ずらりと整列したミニかまくらから漏れるやさしい灯りに、周囲の雪がぼんやり光る様子が幻想的です。

奥日光は標高約1480m。森と湖に囲まれており余計な光源が少ないので、晴れた日には降るような星空も堪能できます。

住所:栃木県日光市湯元2549(奥日光湯元温泉観光協同組合)
URL:http://www.nikkoyumoto.com/
(奥日光湯元温泉旅館協同組合公式ホームページ)

こちらでご紹介したスポットは、すべて「日本夜景遺産」に認定された場所およびイベントです。
今回は関東地方にスポットを当てました。ぜひ訪れて、夜の気配からインスピレーションを感じてくださいね。

次回は関西地方のおすすめ夜景遺産をご紹介します。関西の夜景も素敵ですよ!

参考URL
http://www.yakei-isan.jp/
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/index.html
http://maruchiba.jp/index.html
https://www.kawasakiport.or.jp/
http://tcv.roppongihills.com/jp/index.html
http://www.nikkoyumoto.com/

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ