コメント受付中

2020/09/13

取引を行う主体(7)
代理権授与の表示による表見代理と権限外の行為の表見代理重畳適用についての例の説明で、

Aから土地の賃貸に関する委任状の交付が受けてはいるが実際には賃貸の代理権を与えられていないBが〜

とありますが、
委任状の交付と
代理権を与える
ということは別なんでしょうか?
白紙委任状ならわかりますが、委任状に「A代理人B印」があれば代理権が与えられたことになるのではないですか?
この部分が理解できないので、教えて下さい。

または説明が間違いで、

Aから土地の賃貸に関する委任状の交付が受けてはいるが実際には売買の代理権を与えられていないBが〜

後の文脈から、上記のように「賃貸の代理権」→「売買の代理権」ということなら理解できます。

よろしくお願いします。
取引を行う主体(7)代理権授与の表示による表見代理と権限外の...

2020/10/06

いつもオンスク.JPをご利用いただき、誠にありがとうございます。

コメントいただいた問題につきまして、確認しましたところ選択肢2の1行目の「実際には賃貸の代理権」とあるのは、不適切でした。
「実際には売買の代理権」が適切な内容となりますため、10月6日時点で修正を反映しております。

この度は学習中にご不便をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。
何卒宜しくお願いいたします。

すべてのカテゴリ

会員登録が必要です

みんなの学習相談の機能をすべて利用するには、会員登録が必要です。
今すぐ20秒登録して、みんなの学習相談を使いこなしましょう!

削除しますか?

※削除したら元には戻せません

ページトップへ