他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

ID:

password:

無料会員登録

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

夜景検定2級 3級の難易度・合格率

夜景検定の難易度は、趣味レベルの3級からプロレベルの1級まであります。公式テキストの暗記により基本的な夜景の知識を身につけるだけでなく、難易度によっては現地へ足を運ぶなど、勉強方法にも工夫が必要です。

夜景検定の難易度

夜景検定は難易度により1~3級という3つのレベルに分けられています。
難易度初級レベルの3級は、趣味の一貫として「日本の夜景が分かるレベル」と定義されています。
難易度中級レベルの2級の定義は、より専門性を高めた「夜景を観光資源として捉え、日本各地の夜景の取り組みが分かるレベル」です。
難易度上級レベルの1級は、「夜景観光ツアーのプランニングが可能な程度の知識を備えているレベル」となり、プロとして仕事ができる程度の豊富な知識が求められます。

合格率

夜景検定の過去の合格率に関しては、
第6回は3級が57.4%、2級が42.5%、1級が5.5%となっています。
第5回は3級が57.7%、2級が46.1%、1級が5.1%でした。
第4回は3級が86.4%、2級が71.2%、1級が8.1%です。

回によってやや幅がありますが、平均的に3級で半数以上、2級で4割前後が合格しています。1級の合格者は毎回1割を切り、5%前後と非常に厳しい合格率となっています。

勉強方法について

択一式のWEB試験である夜景検定2・3級の勉強方法は、基本的に『夜景鑑賞士検定公式テキスト』の暗記が中心となります。 公式テキストに暗記マーカーで線を引き、暗記シートで隠しながら何度も読み返し、重要なキーワードを頭に入れましょう。夜景写真を見て、その場所の名前を答えられるレベルの知識も必要です。その上で、特に苦手な項目を抽出して独自に問題を作成するなど、さらに暗記漏れを少なくするための工夫をします。

インターネット上の「日本夜景遺産情報」も出題範囲です。過去の夜景検定合格者の中には、通勤時間や入浴時間を勉強のために充てたという社会人の方が多数いらっしゃいます。スマートフォンやタブレット端末を利用して、空き時間を勉強時間として確保し、より多くの情報に触れましょう。

1級の出題範囲にはさらに『1級用公式テキスト』が加わります。
試験勉強の基本である暗記に留まらず、実際に現地に足を運び、それぞれの夜景の魅力を独自に発見していく視点が必要です。インターネットを活用して、夜景付近の地形・歴史・近隣の建物など多角的に情報収集するような勉強も求められます。

広告

電車で通勤中などのスキマ時間に資格学習

オンスクの夜景検定2級 3級講座は、スマホやパソコンで学習できるオンライン学習講座です。
かんたん登録でいますぐ無料でお試し。

オンスクとは?

講座の詳細を見る

特典・キャンペーン情報 <オンスクで学習するなら今がお得>

FPキャンペーン

ページトップへ