他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

ID:

password:

無料会員登録

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

夜景検定2級 3級の
過去問からみる出題傾向

夜景検定の過去問からみる出題傾向についてお伝えします。夜景検定には公式に発売されている過去問題集がありませんが、公式サイトの試問から出題傾向が分析できます。

夜景検定の過去問と試験内容

夜景検定には、公式に発売されている過去問題集がありません。ただし、2・3級の試験内容は『夜景鑑賞士検定 公式テキスト2・3級編』および「日本夜景遺産情報」から80~100%出題されると明示されています。

また、夜景検定の公式サイトには2・3級の試問が用意されていますから、過去問の代わりとして受験前に出題傾向を確認するために活用しましょう。

夜景検定1級には、公式の過去問題集もなければ、公式サイトに試問も用意されていません。試験内容は2・3級の範囲に加えて、1級を申込んだ際に受験票とともに発送される『1級用公式テキスト』の範囲が追加されます。1級の検定料にはこちらのテキスト代が含まれています。

夜景検定の出題傾向

夜景検定2・3級では、それぞれの日本夜景遺産の名前だけでなく、周辺の地理や歴史について出題される傾向にあります。

たとえば3級では、夜景スポットの展望台へ上るための路線の名称や、夜景スポットの周辺にある山の名称などが出題されています。さらに2級では、夜景スポットまでのロープウエイの完成した順番など、歴史の知識を問われる問題も出題されます。
2・3級ともに、「山」や「花火」や「照明」といった夜景の構成要素など、さまざまなジャンルから出題される傾向にありますから、公式テキストを元に知識を身につけましょう。

夜景検定の出題形式

夜景検定の出題形式は、2・3級の場合、択一式の問題が100問出題されます。
試験時間は90分間です。
設問に対して4つの選択肢が提示されますので、正しいものを選んで回答しましょう。なお、2・3級はWEB受験となりますので、PC・スマートフォン・タブレット端末の操作スキルが必要です。

1つの画面に10問が表示され、回答完了するごとに画面下にある「終了ボタン」を押します。次の画面に進んだ後は、回答の見直しおよび修正ができません。

夜景検定1級の出題形式は、マークシート方式による択一式で、80問出題されます。試験時間は100分間です。2・3級と同様に4つの選択肢から正しいものを選んで回答してください。1級は試験会場での受験となります。筆記用具でマークシートを塗りつぶす形で回答しましょう。

広告

オンスク 夜景検定2級 3級講座の特長

  • スマホやパソコンで今すぐ受講できる
  • 過去問の分析を元にした問題とプロ講師の講義動画
  • 電車での移動中やちょっとした空き時間といったスキマ時間を有効に使える

講座の詳細を見る

無料会員でできること

特典・キャンペーン情報 <オンスクで学習するなら今がお得>

FPキャンペーン

ページトップへ