他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

無料体験

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

パーソナルカラリスト検定3級の難易度・合格率

パーソナルカラリスト検定3級は、色彩のプロとして活用する以外にも、自分の魅力を引き出すためにファッション・コスメ選びなど、プライベートでも学んだ知識を活かせると人気が高まっています。

ここではパーソナルカラリスト検定3級の難易度と効果的な勉強方法をお伝えします。

パーソナルカラリスト検定3級の概要と難易度

パーソナルカラリスト検定は配色調和と色彩知識の基礎を学ぶことができ、特に「人」と「色」の調和に特化していので、サービス業や販売業など、色を使用する仕事をしている方におすすめの資格です。

試験範囲はそれほど広くなく、現在の仕事に活かしたい方、おしゃれが好きな方など、様々な方が受験しています。

試験内容は以下の4部門に分かれています。
①色彩と文化:日本の文化と歴史、日本の伝統色 など
②色彩理論 :色のしくみ、CUS®表色系と配色効果 など
③色彩とファッション:ファッション概論、ブライダルと色彩 など
④パーソナルカラー:ヘアメイク、パーソナルカラーの特徴 など

4部門から100問が出題され、出題数が多いため難易度が高いと思われるかもしれませんが、試験内容は基礎的なものとなっているので、難易度はそれほど高くありません。

公式サイトでも合格率は75%と発表されています。
ただし明確な合格ラインは発表されていないため、模擬試験で90点以上とれるように勉強をしておくと安心です。

パーソナルカラリスト検定3級の効果的な勉強方法

どのくらいの勉強時間で3級に合格できるのか、気になる方も多いでしょう。
試験に向けて10~30時間を目安に勉強を進めている方が多いようですが、色彩の知識が少ない初心者の方の場合は30時間ほど勉強をすると安心です。
試験の半年ほど前から勉強を始めるといいでしょう。

パーソナルカラリスト検定3級の問題は公式テキストから出題されるため、勉強方法としては公式テキストを用いて試験勉強をしている方が多いようです。

難易度はそれほど高くないため、公式テキストをしっかり勉強すれば、一から色彩の勉強を始める初心者でも、パーソナルカラリスト検定3級に求められる基礎知識を身に付けることができるでしょう。
さらに過去問題集や講義動画などを用いることで効率的に勉強ができます。

また、公式テキストには各章ごとに確認問題が用意されていますので、それらも忘れずに解いておきましょう。
より多くの問題を解くことで、自分が覚えた内容を確実に身に付けることができ、応用的な問題にも対応することができるようになるでしょう。

広告

電車で通勤中などのスキマ時間を有効活用

オンスクのパーソナルカラリスト検定3級講座は、スマホやパソコンで学習できるオンライン学習講座です。
かんたん登録でいますぐ無料でお試し。

オンスクとは?

講座の詳細を見る

ページトップへ