他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

無料体験

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

パーソナルカラリスト検定3級の過去問からみる出題傾向

仕事でもプライベートでも役立つ、パーソナルカラリスト検定3級は、難易度もそれほど高くなく、誰でも受験することができるため人気の資格です。

ただし、パーソナルカラリスト検定3級に合格するためには、過去の出題傾向をしっかりと把握しておくことが重要です。
そこでパーソナルカラリスト検定3級の過去の問題から見る出題傾向について、ご説明します。

パーソナルカラリスト検定3級の試験内容と出題方式について

パーソナルカラリスト検定3級は、マークシート方式の筆記試験で、試験時間は90分です。
問題内容はすべて、日本パーソナルカラリスト協会(JAPCA)監修のパーソナルカラリスト検定3級の公式テキストから100問が出題されます。

試験内容としては、基本的なカラーの知識、男性や女性に似合う色、パーソナルカラータイプとそれぞれのタイプで似合う色や避けた方が良い色、色のしくみや配色調和理論などが問われます。

パーソナルカラリスト検定3級の過去の出題傾向

パーソナルカラリスト検定3級の過去問から出題傾向を見てみると、色彩理論のなかでもCUS®表色系と配色効果やパーソナルカラーについて、しっかりと理解しておくことが合格のポイントとなります。

CUS®表色系(カラーアンダートーンシステム)といわれる配色調和理論を理解することは、パーソナルカラーを見つけるうえで必要不可欠なもので、過去問にもたびたび出てきている出題頻度が高い分野と言えます。

そしてもう1つ、肌や髪の毛、瞳の色によって分類されるパーソナルカラーとは、どのような意味と特徴をもっているのかを理解しないといけません。

試験問題はパーソナルカラリスト検定3級公式テキストのなかから出題されますが、そのほかにも過去問題集がありますので、このような問題集を利用して、過去にどのような問題が出ているのか知っておくと良いでしょう。

公式テキストと併用して過去問題集を解いていき、間違えた問題は公式テキストや講義動画で該当箇所を確認することが大切です。

過去問題集を利用するメリットは過去の出題傾向を知るだけでなく、出題形式やマークシート方式の解答の仕方にも慣れるという意味でも重要です。

また、本番と同じように過去問題を解くことで、90分で100問解答するための時間配分の感覚も養うことができ、本番でも緊張せず、実力を出すことができるでしょう。

広告

電車で通勤中などのスキマ時間を有効活用

オンスクのパーソナルカラリスト検定3級講座は、スマホやパソコンで学習できるオンライン学習講座です。
かんたん登録でいますぐ無料でお試し。

オンスクとは?

講座の詳細を見る

ページトップへ