他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

無料体験

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

販売士3級の過去問からみる出題傾向

販売士3級の試験問題は、多少の表現の違いはあるものの、基本的には過去問と同じようなものが出題される傾向にあります。
そのため、過去問からその特徴を読み取り、何度も繰り返し解いてトレーニングを重ねれば、十分に合格が可能と言えます。
ここでは、販売士3級の過去問から分析した試験内容や出題形式、近年の出題傾向などについて解説します。
※出題傾向は2020年時点に基づいた情報です。

販売士3級の試験内容

大前提として、販売士3級の試験は「小売店舗運営の基本となる仕組みが理解できており、販売員としての基礎的な知識・技術」が身についているかをチェックするものです。

試験範囲は幅広く、科目は「小売業の類型」「マーチャンダイジング」「ストアオペレーション」「マーケティング」「販売・経営管理」の5つ。
1科目あたり 択一式正誤問題 小問10問、択一式穴埋問題 小問10問(5科目合計で100問)の出題となります。

販売士3級 合格のボーダーライン

販売士3級の合格のボーダーラインは、「5科目の平均点が70点以上で、かつ1科目ごとの得点が50点以上」となっています。
なお、それぞれの科目は100点満点です。
ただし注意したいのは、ひとつでも50点以下の科目があると不合格になる、ということ。
つまり、1科目は捨てて他の科目を重点的に、といったことはできません。

しかし、これは100点満点を目指さなくても良い、とも言い換えられます。
理解が深くないと解けないような難問はそれほど出題されません。
そのため、自分が確実に解ける問題から優先的に答えていき、最終的に7割を取れればOKです。
ひとつひとつの科目の知識を広く吸収するのがコツと言えるでしょう。

販売士3級 出題形式

2021年7月以降、ネット試験方式(CBT方式)となり、試験会場となるテストセンターのパソコンを使用し、インターネットを介して試験を実施します。

試験科目は全級共通で、①小売業の類型、②マーチャンダイジング、③ストアオペレーション、④マーケティング、⑤販売・経営管理の5科目です。

3級では記述式の問題はなく、択一式正誤問題・択一式穴埋め問題が1科目あたり10問ずつ出題されます。
基本的に選択肢の中から適切なものを選んで解答する形式となります。

販売士3級 近年の出題傾向とその対策

近年の出題傾向についても見ていきましょう。
まず、形式についての変化は特に見られません。
落ち着いて問題を読み、解答を重ねていけば解ける問題ばかりです。
しかし、一部の問題の中には、問題文が工夫されたり、より基本的な問題が多くなったりといったこともあるようです。

こうした傾向に対応するためには、やはり第一に基礎的な知識を理解することが大切です。
基礎が頭に入っていれば、多少のイレギュラーにも対応ができるようになるでしょう。
さらに、過去問の類似問題をどれだけ解いてきたかも重要です。
同じような問題はすぐに解くことができますし、表現が異なる問題も、より理解が深まっていれば問題なく解くことができるでしょう。

広告

電車で通勤中などのスキマ時間を有効活用

オンスクの販売士3級講座は、スマホやパソコンで学習できるオンライン学習講座です。
かんたん登録でいますぐ無料でお試し。

ウケホーダイとは

講座の詳細を見る

ページトップへ