他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

無料体験

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

HSK3級の難易度・合格率

中国の近年の経済成長によって、中国語の需要はますます増えてきています。中国語検定HSKとは、中国政府公認の検定になり、中国語の基準として世界中の国々で公式に認可されていて、HSKの資格をもっていると就職や転職のときに有利になることがあります。

そこでHSK3級の難易度と効果的な勉強方法を解説します。

HSK3級の難易度と合格率

HSK3級では、中国語を使って日常生活・仕事・学習において基本的なコミュニケーションを取ることができ、中国旅行でもほとんどを中国語で対応することができることを目的としており、語彙数は600語程度とされています。

HSK3級の合格率は公式に公開されていませんが、試験内容には中国の文学などの文章ではなく日常的な文章が出題されるため、しっかりと試験対策を行っておけば決して難易度は高くはなく、1回の試験で合格することができます。

HSK3級の合格基準

HSK3級は「リスニング力を測る試験」「読解力を測る試験」「作文力を測る試験」の3つで構成されていて、それぞれが100点となります。HSKは難易度順に1級(初級)から6級(上級)となっており、難易度では中間の3級は、初級から中級へステップアップするレベルとしての位置づけになっており、合格基準は300点満点中180点以上とされています。

HSK3級に合格するための効果的な勉強方法

HSK3級の試験は、「リスニング」「読解力」「作文力」の3つの試験の合計点で合否が決定します。試験に合格するためには毎日の勉強にリスニングを取り入れ、聴き取りができる単語を確実に増やしていきましょう。

またHSKの試験は問題文もすべて中国語で書かれているので、基本的な文法を理解しておく必要があります。中国語の文法の基礎知識と基本単語600語を理解し、作文力の問題を解くことができれば、合格率は上がるでしょう。

少ない勉強時間のなかで、過去問を繰り返し解くということも、効果的な勉強方法です。 試験と同じように時間内に過去問を解いていき、わからない問題や間違えた問題はチェックしてください。チェックした問題は解説を調べて、きちんと理解していきましょう。
また、解説のなかで知らない単語が出てきたら、その単語も調べて覚えるまで何度も書き込み、しっかり頭のなかに入れましょう。「過去問を解く」「解説を調べる」「知らない単語を覚える」という流れを繰り返すことが大切です。

過去問を繰り返し解くことで、実際のHSK3級の試験形式に慣れることができ、試験当日も緊張することなく実力を出しきることができるでしょう。

広告

電車で通勤中などのスキマ時間を有効活用

オンスクのHSK3級講座は、スマホやパソコンで学習できるオンライン学習講座です。
かんたん登録でいますぐ無料でお試し。

オンスクとは?

講座の詳細を見る

ページトップへ