アロマテラピー検定1級 2級の難易度・合格率

近年人気の高い資格のひとつとしてアロマテラピー検定があります。試験内容は、1級と2級があり、香りテスト、アロマテラピーの利用法、精油の種類、アロマテラピーのメカニズム、安全性、健康学、アロマテラピーに関する法律、アロマテラピーの歴史、など大変幅広いものになります。

アロマテラピー1級 2級検定をこれから受けようと思っている人は、難易度と効果的な勉強方法について知っておくとよいでしょう。

アロマテラピー検定1級 2級の難易度

アロマテラピー検定の難易度を見てみると、1級・2級ともに合格率90%となっていますので比較的合格しやすい資格だと思われますが、出題範囲が広いため全体的にくまなく勉強をする必要があります。

特にアロマテラピーの歴史については、古代から現代にまで及ぶため受験をしようと思ったら早目に人名等を覚えておく必要があります。

試験について初めから1級を受ける人もいますが、出題範囲が広いので少し不安…という方は、まずは範囲が狭く比較的難易度の低い2級を受けてその内容を復習しながら1級の検定試験を受けるという方法をおすすめします。

アロマテラピー検定1級 2級の効果的な勉強法

アロマテラピー検定1級 2級の試験はインターネット試験(インターネットを介してパソコンやスマートフォンを用いて行う試験※選択解答方式)になります。
インターネット試験の勉強方法に関しては公式テキストからすべて出題されるため、しっかりと読み込み、知識を定着させる方法が定番です。

勉強時間を確保することが難しい人に関しては、インターネットを使ったオンライン講座がおすすめです。オンライン講座のメリットは、自宅でも外出先でも時間や場所を選ばずに学習でき、時間を有効に活用することができる点です。また、テキストを読むのが苦手な方は、講義動画から学べるので取り組みやすくなるでしょう。

アロマテラピー検定1級 2級の香りテスト対策

アロマテラピー検定では、実際に香りを嗅いで精油を当てる「香りテスト」が出題されます。対象となる精油は以下の通り、2級が9種類に対して、1級は倍近くの17種類です。

1級(17種類) 2級(9種類)
香りテスト対象の精油 ・ イランイラン
・ クラリセージ
・ グレープフルーツ
・ ジュニパーベリー
・ スイートオレンジ
・ スイート マージョラム
・ ゼラニウム
・ ティートリー
・ フランキンセンス
・ ペパーミント
・ ベルガモット
・ ユーカリ
・ ラベンダー
・ レモン
・ レモングラス
・ ローズマリー
・ ローマンカモミール
・ スイートオレンジ
・ ゼラニウム
・ ティートリー
・ フランキンセンス
・ ペパーミント
・ ユーカリ
・ ラベンダー
・ レモン
・ ローズマリー

香りテスト対策としては、精油の検定キットを購入し、毎日香りテストをすると効果的。まずは、生活に身近なオイルトリートメントや、入浴、ハンドマッサージなどで活用しながら少しずつ取りいれていきましょう。

テストをする時には、「〇〇のような香り」のように、精油を嗅いだ時に感じたイメージをメモすることで、自分自身の感覚にあった覚え方ができるのでおすすめです。

アロマテラピー検定の難易度と、効果的な勉強法について理解できたでしょうか。
冒頭にもお伝えしましたが、アロマテラピー検定1級 2級は合格率が高く、比較的合格しやすい資格と言えます。しかし、出題範囲が広い試験ではあるため、限りある時間で効率的に勉強を進めることが重要となります。

今回お伝えしたご紹介内容も参考に、自分にとって最善の勉強法を見つけて試験合格を目指しましょう。

広告

電車で通勤中などのスキマ時間を有効活用

オンスクのアロマテラピー検定1級 2級講座は、スマホやパソコンで学習できるオンライン学習講座です。
かんたん登録でいますぐ無料でお試し。

ウケホーダイとは

講座の詳細を見る

ページトップへ