他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

ID:

password:

無料会員登録

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

秘書検定2級 3級の難易度・合格率

秘書検定2級と秘書検定3級は、共に合格率が50%以上の難易度の低い試験と言われています。
しかし、当然しっかりと勉強をしていないと合格はできません。
そこで今回は、秘書検定2級3級に関する難易度や勉強のポイントについて解説します。

秘書検定2級と秘書検定3級の難易度

秘書検定2級の平成25年度の受験者数は31,567名。そのうち、合格者は17,237名となり、合格率は55%でした。つまり、2人に1人は合格するという計算となるため、難易度自体はそこまで高いとは言えないでしょう。
一方、秘書検定3級になると受験者数が15,889名に対し、合格者は11,579名。合格率は79%です。2級に比べると難易度がより低くなり、合格率もぐっと上がっています。

なお、秘書検定1級について同年の合格率は40%で、難易度は高めになります。
しかしこれは、知識の理解度はもちろん、試験内容がすべて記述式で、最終の面接試験があることが理由です。
秘書検定2級と3級の場合には、試験自体がすべてペーパーテストであり、およそ9割がマークシート形式となるため合格率が上がっているのだと予想されます。

勉強時間

秘書検定の勉強時間はその人の経験にもよりますが、秘書検定2級で1カ月程度、秘書検定3級で1カ月未満が平均と言われています。
ただし、この期間というのは一日に平均1時間の勉強時間を確保できた場合です。仕事や学校が忙しく、毎日机に向かう余裕がないという方はもう少し長い期間がかかるかもしれません。

とは言え、その他の資格試験に比べれば、難易度も低く勉強時間自体は決して長くありません。特に秘書検定3級については、数週間の勉強でも合格できる可能性が十分あるので、ハードルは低めと言えます。

また、1カ月近くかかる秘書検定2級であっても、出題は一般常識の範疇であるケースも多く、すでに社会経験を積まれた方であればもう少し短期間でマスターできる可能性もあるでしょう。
どちらの級であっても一発合格は十分に可能ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

勉強方法

短期間での合格を目指される方の場合には、やはり多くの問題に触れることが重要です。
特に、過去に出題された問題の類似問題を解き続けていけば、自ずと知識も深まるでしょう。

テキストの読み込みももちろん大切ですが、効率的に学習を進めたいのであれば過去問の類似問題で実力を付け、試験に臨むのがオススメです。

広告

電車で通勤中などのスキマ時間に資格学習

オンスクの秘書検定2級 3級講座は、スマホやパソコンで学習できるオンライン学習講座です。
かんたん登録でいますぐ無料でお試し。

オンスクとは?

講座の詳細を見る

特典・キャンペーン情報 <オンスクで学習するなら今がお得>

FPキャンペーン

ページトップへ