他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

無料体験

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

色彩検定3級の難易度・合格率

色彩検定3級は合格率も高く、比較的難易度の低い資格試験です。
しかし、勉強方法が非効率的だったり、勉強時間をしっかりと確保できなかったりすれば、当然合格はできません。
そこでここからは、色彩検定3級の一発合格に向けたポイントや勉強方法についてご紹介していきます。

色彩検定3級の難易度や合格率について

色彩検定協会が発表している2018年度の受験者データによると、合格率は74.9%でした。
4人受ければ3人は合格するといった計算になるので、難易度はその他の資格に比べるとかなり低めと言えます。

難易度が変わらない理由は、色彩検定3級が受験者数に合わせて合格のボーダーラインを決めるのではなく、はじめから70%前後という合格ラインを決めて試験を実施しているからです。
つまり、しっかりと勉強をしてさえいれば、その年の受験者の技量に左右されることもありません。難易度もそこまで高くないため、一発合格も十分に可能である、と言えるでしょう。

色彩検定3級の勉強時間

まずは気になる勉強時間について。これは人によって飲み込みのスピードが違うので、なんとも言えません。早い人であれば1~2週間の勉強で合格、といったケースもありえます。

しかし、毎日何時間もの勉強時間を確保できる人ならまだしも、「普段は仕事が忙しいから1時間が限界」という方の場合には、短期間での習得は難しいでしょう。そのため、イメージとして1~2カ月程度を目安に考えておくのが無難です。

色彩検定3級の勉強方法

次に勉強方法ですが、色彩検定3級は大きく理論と暗記の問題に分けられます。前者をクリアするのに大切なのは、なんと言っても、どれだけ多くの問題を解いたか、ということです。

テキストの読み込みも大切ですが、それを頭に定着させるためには、やはり過去問の類似問題などにたくさん触れるのが重要です。
理解力が深まるのはもちろん、正答率が上がっていけばモチベーションもアップし、効率的な学習ができるでしょう。

また、暗記の問題については色相環とPCCSトーンマップが深く関わってきます。これが頭に入っていないと、まったく解けない問題も出題されるので注意が必要です。
しかし、暗記さえできていれば難なく解けるといった問題であることも多いので、一発合格を目指すのであればしっかりと覚えるよう努めましょう。

広告

電車で通勤中などのスキマ時間を有効活用

オンスクの色彩検定3級講座は、スマホやパソコンで学習できるオンライン学習講座です。
かんたん登録でいますぐ無料でお試し。

オンスクとは?

講座の詳細を見る

ページトップへ