他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

無料体験

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

色彩検定3級講座

色に関する幅広い知識や技能が身に付く

担当講師:長澤 陽子

  • ウケホーダイ対応
  • 資格別プラン対応
  • お知らせ 《 2019年9月24日~10月1日まで 》
    消費税率改定に伴う臨時メンテナンスのため、資格別プラン・一括プランのお申込み、およびオンスクショップでの商品購入でコンビニ決済はご利用いただけません。あらかじめご了承ください。
  • 講座情報 本講座の講義動画は2016年4月収録、問題演習は2016年4月作成となります。

    上記いずれも過去の本試験の内容から試験に重要な部分を取り上げておりますが、受講や受験のタイミングによって、最新の本試験の内容に一部未対応となる場合がございます。
    本講座のコンテンツ情報のアップデートは順次実施してまいります。

色彩検定3級 講座の特長

プロ講師のノウハウを凝縮した
講義動画

講義動画 搭載日:2016年4月収録

講義回数 全37回、トータル約7時間

色彩講師として多くの専門学校や行政施設主催講座などで色彩学・検定講座を担当し、分かりやすく楽しいと定評がある講師が担当。
配色や色彩心理などの項目ごとに、合格のコツを噛みくだいて、専門用語は出来るだけ分かりやすく解説します。

色彩検定3級の過去問を徹底分析! 問題演習

問題演習 搭載日:2016年4月作成

初級編 111問 / 中級編 111問 / 上級編 77問

色彩検定3級には「色のはたらき」や「色彩心理」といったものの他に、「インテリア」や「ファッション」などといった分野が出題されます。
オンスクの問題演習は、色彩検定3級を知り尽くした講師が作成した全問オリジナルです。

過去問からみる出題傾向

公式テキストに完全準拠

色彩検定3級講座の講義動画は「色彩検定 公式テキスト3級編」に完全準拠しています。
オンスクのオンライン学習と併せてご利用になるとより理解力が深まりおすすめです。

購入はこちら(色彩検定協会の公式サイトへ遷移します)

上位級を目指すなら、色彩検定3級から学んで基礎を固めよう

色彩検定はどの級からでも受験可能ですが、初学者の場合、受験するしないにかかわらず、3級から学習がおすすめ。なぜなら、色彩検定2級は3級で学習する基礎を理解していることを前提に、試験内容が出題されるためです。
上位級を目指している方こそ、後々、躓かないように色彩検定3級で基礎を固めていきましょう。

効率的な学習の手順

  1. 色彩検定3級講座の講義動画を見る→問題演習を解く、を繰り返し行い、色に関する知識の基礎を理解する
  2. 色彩検定2級講座の講義動画・問題演習でさらに試験出題範囲の内容を学習する
  3. 2級・3級ともに試験で必ず出題される慣用色を効率的に学習するなら、慣用色単語帳の利用もおすすめ

プランのご案内

ウケホーダイ

(表示価格はすべて税抜)

初期費・入会金なし。 開講中の対象講座が定額で受講し放題!
月額支払い、一括支払いのプランを選択して購入可能

資格別プラン

(表示価格はすべて税抜)

初期費・入会金なし。
色彩検定3級のみが受講可能

料金
3ヵ月パック 3,980円〜※
決済手段
クレジットカード / コンビニ

※購入できるコースは申込みページをご参照ください。

いつでもどこでも、Webで受講できる講座

オンスク.JPのWeb版はパソコンやスマホの両対応。
通勤の電車の中や、ちょっとしたスキマ時間で色彩検定3級の学習を進められるため、時間がない人に最適です。

オンスクとは

講義動画をお試し視聴(無料)

会員登録するとご視聴いただける講義動画を再生できます。
ご利用の端末でご視聴可能かどうかご確認ください。

お試し視聴する(無料)

ご利用者の声

動画をみて、問題を解いてということがスマホ1つでできる。外出先で簡単に復習できるから使い勝手が良い。

色彩検定3級を実際にご利用いただいたお客様からの体験談はこちら

ご利用者の声を見る

色彩検定3級の資格情報

文部科学省が後援する色に関する幅広い知識や技能を問う検定試験。

「感性」だけでなく、色に関する知識や機能を理論的、系統的に学ぶことで、「理論に裏付けられた色彩の実用的活用能力」を身につけることができます。

この資格のおすすめポイント

  • インテリア、ファッション、グラフィック等を扱う業種に欠かせない知識スキル
  • プライベートでインテリアやファッションなどに色の知識を活かせる

試験対策や勉強法に役立つおすすめ記事

講座を受講する

関連ページ

ページトップへ