他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

無料体験

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

国内旅行業務取扱管理者の難易度・合格率

国内旅行業務取扱管理者は合格率30%程度で推移しており、比較的難易度の高い試験といえます。こちらでは国内旅行業務取扱管理者の難易度や勉強時間、効率的な勉強方法についてご紹介していきます。

国内旅行業務取扱管理者の合格率から見る難易度

国内旅行業務取扱管理者試験は、各試験科目において満点の60%以上を取ると合格になります。
総合旅行業務取扱管理者に比べれば比較的取得しやすい試験ではありますが、合格率は30%台で推移しており、受ければ受かるというほど合格率の高い試験ではありません。

一定の条件を満たした場合は一部免除で翌年受験することも可能ではありますが、勉強方法を工夫して勉強時間を確保することで確実な合格につなげていきましょう。

国内旅行業務取扱管理者の勉強時間

国内旅行業務取扱管理者の試験は毎年9月上旬に実施されます。
勉強時間は150~200時間ほどが目安と言われているため、試験日よりさかのぼって計画を作りましょう。
各科目の勉強時間の一例は以下のとおりです。

  • ・旅行業法及びこれに基づく命令:50時間
  • ・旅行業約款、運送約款及び宿泊約款:50時間
  • ・国内旅行実務:100時間

国内旅行業務取扱管理者の試験では国内旅行実務が最も難しく、合否のポイントとなる科目です。
国内旅行実務は先の旅行業法や約款の2倍程度の勉強時間をとっておくことをおすすめします。

国内旅行業務取扱管理者の効果的な勉強法

国内旅行業務取扱管理者試験は、類似問題が繰り返し出題される傾向があるため、過去問対策は必ずやっておきましょう。
問題は全国旅行業協会のサイトで公開されています。

すべてが回答できれば理想ですが、少なくとも5年分はさかのぼって学習しておきましょう。
最初の段階では細かく問題を解いて対策を固めていくのではなく、どの問題がどのような出題のされ方をしているのかという傾向を確認することが大切です。
問題に慣れてきたら少しずつ暗記を始めていきます。

  • ・旅行業法及びこれに基づく命令
  • ・旅行業約款、運送約款及び宿泊約款

これらは覚える内容が多いですが、手順を意識して優先順位をつけます。
約款では、「募集型・受注型企画旅行契約」から多く出題されています。
「募集型」「受注型」それぞれは共通要素が多いため、まずは出題される傾向が高い「募集型企画旅行契約」から始めて全体の流れを把握すると学習しやすいです。

また国内旅行実務の科目は専門知識がないと理解できない問題も多く出題されます。
学習初期の段階では問題と答えを読みながら全体の流れを確認していく方法でも構いません。

国内旅行実務のなかでも特に重要な内容はJRの運賃・料金の計算と国内観光地理です。
国内観光地理は地図帳と一緒に学習を進め、各観光スポットがどこの都道府県にあり、どのような文化と関連しているのか、など土地勘を養っておくことが大切です。

広告

電車で通勤中などのスキマ時間を有効活用

オンスクの国内旅行業務取扱管理者講座は、スマホやパソコンで学習できるオンライン学習講座です。
かんたん登録でいますぐ無料でお試し。

オンスクとは?

講座の詳細を見る

ページトップへ