他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

ID:

password:

無料会員登録

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

世界遺産検定3級の難易度・合格率

世界遺産検定3級は、世界遺産の基本的な知識を問う比較的難易度の低い試験です。
ただし正しい勉強方法で、適切な勉強時間を確保しなければ、合格は期待できません。
こちらでは、過去の合格率データからわかる世界遺産検定3級の難易度や、効果的な勉強方法についてご案内します。世界遺産検定3級の合格を目指す方は、ぜひ参考にしてください。

世界遺産検定3級の難易度について

平成27年以降に実施された世界遺産検定3級のデータでは、80%程度の合格率で推移しているようです。平成28年の第23回試験では、87.1%と高い合格率が出ました。

世界遺産検定2級とは30%ほど合格率に開きがあるため、比較的難易度の低い試験と言えるでしょう。試験形式に大きな違いはありませんが、取り扱われる世界遺産の件数は2級が300件あるのに対し、3級は100件です。この出題範囲が、世界遺産検定3級の難易度に大きく影響しています。

また、世界遺産検定3級で出題される問題の半分程度は、基礎的な知識と日本遺産に関する問題です。専門的な内容や応用問題が少ないことから難易度が低く、世界遺産検定の中では入門的な試験として設定されています。必要な知識が伴ってさえいれば、初回受験での合格も十分可能な難易度です。

世界遺産検定3級の効果的な勉強法

世界遺産検定3級で出題されるのは、基本的に固有名詞の正誤を問うものや、空欄補充などシンプルな問題です。判断に迷うような専門的な内容が出題されることもありますが、割合としては極めて少なく、合格に影響を与えるような配分ではありません。大半の問題は、公式テキストを暗記する勉強方法で対応できます。

また、上述したとおり多くの問題では日本遺産に関する知識を問われるため、日本遺産の情報暗記に優先して勉強時間を割くのがおすすめです。日本以外の世界遺産に関する情報を暗記する際は、似たようなカタカナのワードが多く混乱する方が多いようです。

暗記では、継続と反復が重要です。特に覚えなければならないワードが多い世界遺産検定3級の場合、根気強さが大切になります。通勤・通学時間、就寝前などのスキマ時間に勉強時間を見つけ、記憶に定着するまで勉強を行うようにしましょう。

広告

電車で通勤中などのスキマ時間に資格学習

オンスクの世界遺産検定3級講座は、スマホやパソコンで学習できるオンライン学習講座です。
かんたん登録でいますぐ無料でお試し。

オンスクとは?

講座の詳細を見る

特典・キャンペーン情報 <オンスクで学習するなら今がお得>

FPキャンペーン

ページトップへ