他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

ID:

password:

無料会員登録

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

ビジネス実務法務検定3級の難易度・合格率

ビジネス実務法務検定3級は合格者が多く出る、難易度が低い試験と言われています。しかし、内容が簡単というわけではありませんので、しっかりとした勉強方法で力をつけ、試験当日に備える必要があります。
このページでは、ビジネス実務法務検定3級の難易度や勉強方法についてご案内します。

ビジネス実務法務検定3級の難易度はかなり低い?

ビジネス実務法務検定3級の合格率は2015年度の場合で74.2%。
数字だけを見れば、かなりの確率で合格が可能な試験である、と言えるでしょう。
難易度自体も基本的にはやさしいレベルに分類されているため、一発合格もそう難しくはありません。

しかし、難易度が低いからと言っても内容は法律に関わるものです。
普段聞き慣れない専門用語も多く、しっかりと勉強をしなくては不合格になる可能性もあると考えておきましょう。
ちなみに、2級や1級ともなると難易度はどんどん高まり、1級については合格率が10%前後になってしまいます。
もしも2級以上を目指そうと考えているのであれば、ビジネス実務法務検定3級はその足場的な基礎となるので、このタイミングでしっかりと知識を身につけておきましょう。

ビジネス実務法務検定3級の効果的な勉強方法

ビジネス実務法務検定3級の勉強時間は一般的に1~3カ月と言われており、それほど勉強時間が長いわけではありません。
とは言え、公式のテキストだけでも実に400ページの内容です。
そのため、まずは講義やテキストで全体像を把握した後、問題集に取りかかる、といった勉強方法をとるのが効果的と言われています。

しかし、「いきなり問題集をやっても理解できないのでは?」と思われる方も多いでしょう。
内容は法律に関連することが非常に多いため、確かにこうした懸念を抱かれるのは無理ありません。

しかし、ビジネス実務法務3級の場合は一般生活に馴染みのある民法が中心です。
そのため、常識的に考えれば解ける問題も数多くありますので、まずはこれらを潰すところからはじめてみても良いかも知れません。

過去問の類似問題で合格率を高める

また勉強方法で重要なのは過去問の類似問題を数多く解くことです。
実際のテストに備えるという意味では、いかに過去問の類似問題を解いたかが重要となります。
試験当日のペース配分にも慣れることができますし、何より繰り返し問題と向き合うことは理解力を深めるのにもっとも大切なことと言えます。
一発合格を目指すのであれば、ぜひこの勉強方法をお試しください。

広告

電車で通勤中などのスキマ時間に資格学習

オンスクのビジネス実務法務検定3級講座は、スマホやパソコンで学習できるオンライン学習講座です。
かんたん登録でいますぐ無料でお試し。

オンスクとは?

講座の詳細を見る

特典・キャンペーン情報 <オンスクで学習するなら今がお得>

FPキャンペーン

ページトップへ