他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

ID:

password:

無料会員登録

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

きもの文化検定5・4級の難易度・合格率

きもの文化検定5・4級の試験難易度はそこまで高くありません。しっかりと事前に勉強を行い対策しておくことで、多くの人が合格できるでしょう。

こちらでは、きもの文化検定5・4級の合格率からみる難易度と、効果的な勉強法についてお伝えします。

きもの文化検定5・4級の合格率からみる難易度

きもの文化検定公式サイトに掲載されている2017年の検定結果報告 によると、きもの文化検定5・4級の申込み者794名のうち、合格したのは683名でした。合格率は86%ですから、大半の受験者が合格することができる難易度であることがわかります。

さらに合格者を職業別にみると、和装業界関係者や着付関係者のみならず、学生、主婦、社会人の合格者も多くいます。特段の専門知識がなくとも、丁寧に勉強していけばほとんどの人が合格できる難易度に設定されています。

きもの文化検定5・4級の試験形式

きもの文化検定5・4級の試験は四肢択一のマークシート方式、しかも問題は90%以上公式教本より出題されます。合格基準も5級は正解率60%以上、4級は70%以上となっていますので、公式教本の問題をひとつずつ理解していけば合格は難しくありません。

きもの文化検定5・4級の効果的な勉強方法

まずは公式教本「きもの文化検定公式教本I きものの基本」を購入しましょう。きもの文化検定5・4級はこの公式教本からほとんど出題されます。

次に、出題傾向を知るために、公式サイトにある「模擬問題に挑戦」ページの模擬問題を解いてみましょう。

公式教本は全180ページとかなりボリュームがあります。出題の的を絞って効率的に試験勉強を行いたいのであれば、販売されている過去問題集「きもの文化検定問題集」を活用してください。過去問題集は公式サイトから購入できます。
また学習時間の短縮のためには、オンライン講座を活用することもおすすめです。パソコンやスマホからいつでも講義動画が視聴可能なので、スキマ時間にも効率的に学ぶことができます。

まず公式教本を読み込み、次に問題集に挑戦する、という方法を繰り返し行うことで自然と用語とその内容を理解できるようになります。ポイントとしては、公式教本の読み込みに時間をかけすぎず、問題演習に時間をかけることです。

問題を解くことで、自分の知識の偏りや弱い部分が見えてきます。次に公式教本を読むときには、自身が間違えやすい部分を重点的に覚えるよう意識して読みましょう。

きもの文化検定5・4級の出題数は約100問、検定用の公式教本は180ページもありますから、問題演習を活用した勉強を行っても合計勉強時間は長くなります。受験を考えている方は、なるべく早く教材を揃えて試験勉強に取り掛かりましょう。

広告

電車で通勤中などのスキマ時間に資格学習

オンスクのきもの文化検定5・4級講座は、スマホやパソコンで学習できるオンライン学習講座です。
かんたん登録でいますぐ無料でお試し。

オンスクとは?

講座の詳細を見る

特典・キャンペーン情報 <オンスクで学習するなら今がお得>

FPキャンペーン

ページトップへ