他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

無料体験

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

気象予報士の難易度・合格率

気象予報士は、多くの方が知っている知名度の高い国家資格であり、取得を目指している方も少なくありません。

気象予報士試験の難易度はどれほどのものなのでしょうか?ここでは、気象予報士試験の難易度や合格率、必要な勉強時間、そして勉強方法などについてご紹介します。

気象予報士の合格率から見る難易度

気象予報士は、国家資格であり難易度は非常に高いものとなっています。
例年の合格率は4~5%となっており、非常に狭き門となります。

2019年の1月に実施された試験においては、2,857人が受験して、合格したのはわずか137人です。
この時の合格率は4.7%と例年に比べて平均的ですが、それでも合格率はかなり低いため、難易度は高いと言えるでしょう。

なぜ、合格率が低いのかというと、実技試験があるからです。
気象予報士の試験は、学科試験と実技試験の2種類となります。

学科試験については、選択式の問題であることから、知識を詰め込んでいればある程度対処することが可能です。

しかし、実技試験は選択式ではなく記述式であり、しっかりと図表を読み取って論理的に説明をしなければならず、付け焼刃では対応できません。そのため他の資格試験と比べて、ここで脱落する人が多いようです。
難易度が非常に高いと言われる所以はここにあります。

また、受験資格が緩いということも合格率に影響しています。
年齢や学歴などに制限がないため、誰でも気象予報士試験を受けることができます。2019年3月時点では、最年少11歳から最年長74歳まで幅広い人が受験しています。
そのため、受験する人数は増加しているものの、その難易度の高さから合格率が低くなる傾向があるのです。

気象予報士の効率的な勉強方法

気象予報士試験ですが、勉強方法としては資格学校で勉強する方法、テキストやオンライン講座などを使って独学で勉強するといった方法があります。

具体的な勉強方法は、学科試験の一般知識と専門知識について一通りの勉強を終えたら、過去問題集を用いて実践的に問題を解いていくといった流れであることが多いです。
特に実技試験については、過去問題を積極的に解いていく必要があるでしょう。

気象予報士試験突破のための目安の勉強時間としては、約1,000時間から1,500時間程度必要と言われています。

幅が少し広いように感じますが、「通学講座を受けているのか」「独学なのか」「ある程度の予備知識を持っているか」などによって変わってきます。

そのため、合格までの勉強期間としては、概ね2年から3年を目安に勉強時間を確保することをおすすめします。
1日当たり2~3時間であれば、社会人でも時間を取ることは可能です。また、一般知識、専門知識、実技試験の3つの試験は1つでも合格しておけば1年だけは試験が免除されます。

1年目に一般知識だけでも合格しておけば、2年目の試験では専門試験と実技試験に力を入れることができるので、勉強中であっても受験しておいて損はないでしょう。

広告

電車で通勤中などのスキマ時間を有効活用

オンスクの気象予報士講座は、スマホやパソコンで学習できるオンライン学習講座です。
かんたん登録でいますぐ無料でお試し。

オンスクとは?

講座の詳細を見る

ページトップへ