他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

ID:

password:

無料会員登録

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

サービス接遇検定 準1級 2級の
過去問からみる出題傾向

サービス接遇検定 準1級 2級には、記述問題や面接といったものがあります。そのため、過去問を繰り返し解くのはもちろん、実技・面接対策が必要です。
そこでこちらでは、サービス接遇検定 準1級 2級における試験の内容や、合格のために覚えておきたいポイントなどをご紹介します。

サービス接遇検定 準1級 2級の過去問の出題形式と試験内容

まずはサービス接遇検定 準1級 2級の出題形式を見てみましょう。
2級については、「理論」と「実技」に領域区分され、それぞれの得点が60%以上で合格となります。出題形式としては、マークシート方式の選択問題に加え、実技編では記述問題も出題されます。

一方、準1級は面接試験のみとなります。
ただし、準1級を合格するためには、2級の試験をクリアしている必要があります。

サービス接遇検定2級の過去問の傾向とポイント

まずは2級の筆記問題から見ていきましょう。 過去問の傾向を見ていくと、選択問題だけでなく記述問題が合格のカギを担っています。
3級までであれば、複数の中から不適当なものを選ぶ、といった形で問題に答えていけば良かっただけですが、2級になるとそうはいきません。
たとえば、お客様に電話をかけて留守番電話になった場合、どのようにするのが正しいのかを、自分で考えて記述しなくてはなりません。

こうした問題は時間との勝負です。シチュエーションを想像し、どのような対応をすれば良いのかをじっくり考え始めてしまうと、試験時間がすぐになくなってしまうかもしれません。
そのため、いかに要領よくポイントを押さえ、正しく文章を書けるかがポイントになります。どれだけ過去問の類似問題を繰り返し解き、出題傾向に慣れることができるかが重要です。過去問の出題傾向を覚えるくらいまでやりこめば、素早く解答を導き出せるでしょう。

サービス接遇検定 準1級、面接試験でのポイント

次に準1級についてですが、こちらは模擬練習を続けることが大切です。きちんとした受け答えができているかはもちろん、面接官に与える印象などについても考慮しましょう。
たとえば、面接中は試験官の目を真っ直ぐ見て、大きくハキハキとした発声で話してください。表情についても微笑みを絶やさぬよう注意しましょう。
もちろんこれは、自分が面接を受けている時に限りません。他の受験者が受け答えしている時でも、常にこの姿勢を保ってください。

その他、入退室の時のマナーや、トラブル時の対応力など、面接官は細かいところまでしっかりと見ています。緊張感を保ちながら、最後までしっかりと集中して試験を終えましょう。

広告

オンスク サービス接遇検定 準1級 2級講座の特長

  • スマホやパソコンで今すぐ受講できる
  • 過去問の分析を元にした問題とプロ講師の講義動画
  • 電車での移動中やちょっとした空き時間といったスキマ時間を有効に使える

講座の詳細を見る

無料会員でできること

特典・キャンペーン情報 <オンスクで学習するなら今がお得>

FPキャンペーン

ページトップへ