家庭料理技能検定3級の難易度・合格率

家庭料理技能検定とは、家庭料理を通じて、料理に関する知識と技術を認定する試験で、「学校法人 香川栄養学園」が実施している民間資格です。
また文部科学省、農林水産省、厚生労働省が後援しており、昭和38年から実施されている歴史の古い検定となります。

この試験では、料理の栄養学だけではなく、味はもちろん見た目の美しさなどに関する家庭料理の正しい知識や、技能が問われます。

今回は、家庭料理技能検定の中から3級の難易度、具体的な勉強方法や勉強時間について解説していきます。

家庭料理技能検定3級の難易度

家庭料理技能検定3級は、高校生から大学、短大、専門学校1年生が受験の目安となっていることからもわかるとおり、試験の難易度としても高くはないといえます。

家庭料理技能検定では、3級以上は筆記と実技があり、筆記は正答率6割以上が合格ラインとなっています。
難易度としては比較的低く、7割~9割ほどの合格率が近年の目安です。

3級の審査の基準としては、「健康で安全な食生活の中で求められる知識をもち、初歩的な作業である『切る』や『むく』など、基本的な日常の料理を作ることができる」ということが求められています。

また3級以上の家庭料理技能検定では、一次の筆記試験の合格者は、合格から1年間限定で一次試験が免除され、二次試験の実技から受験することが可能となっています。

家庭料理技能検定3級の効果的な勉強方法

家庭料理技能検定3級の勉強方法としては、公式のテキストがありますので3級用のテキストを利用して、繰り返し勉強をすることがおすすめです。

またこのテキストは筆記試験の対策だけではなく、実技試験の対策もできるテキストとなっています。 文章だけでは読み取ることができない部分に関しても、イラストや図表などを用いてわかりやすく記載されています。

実技試験の対策用として、食材の切り方などを写真で解説しているので、テキストを読みつつ実際に手を動かしながら、実技の練習をすることも可能です。

また、今までの試験で出題された過去問テキストも販売されているので、過去の試験の出題傾向を参考にしながら勉強するとよいでしょう。

家庭料理技能検定3級の勉強時間

どの程度、知識を習得しているかによって勉強時間は個々で異なりますので、一概にいうことはできませんが、1日1~2時間程度の勉強を1ヵ月~3ヵ月ほどおこなって、試験を受験している方が多いようです。

広告

電車で通勤中などのスキマ時間を有効活用

オンスクの家庭料理技能検定3級講座は、スマホやパソコンで学習できるオンライン学習講座です。
かんたん登録でいますぐ無料でお試し。

オンスクとは?

講座の詳細を見る

ページトップへ