他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

無料体験

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

家庭料理技能検定3級の過去問からみる出題傾向

家庭料理技能検定は、家庭料理における栄養素や調理法、衛生についての正しい知識が問われる検定です。

調理に関する仕事に就きたいと考えている方や、料理の基礎知識をつけたいと考える方などにおすすめの検定です。
ここでは家庭料理技能検定3級の試験内容や過去問などについてご紹介します。

家庭料理技能検定3級の試験内容

家庭料理技能検定には筆記試験と実技試験があります。
家庭料理技能検定は1級から5級に分かれていて、筆記試験は1級から5級の全級で行われ、実技試験は1級から3級の場合のみ行われます。

筆記試験
家庭料理技能検定3級の筆記試験の時間は45分です。
食生活と栄養に関する問題、調理と衛生に関する問題の計60問が出題されます。
出題形式は3つの選択肢から正解を選ぶマークシート方式で、60%以上正解すると合格です。

実技試験
「切る」や「むく」などの基礎技術を3分~5分、基本的な単品料理を15分~20分の間に作成します。

家庭料理技能検定3級の出題傾向

筆記では、料理の盛り付けや配膳の知識やマナー、栄養素の働きや1日に必要な摂取量の目安、調理器具の扱い方、食品ごとの調理法、調味料の割合や分量の計算、賞味期限や消費期限などの知識、安全に調理する環境などが問われます。

和洋食器の知識、栄養素の特徴やグループ群、農林水産省が策定した、1日の食事で望ましい料理の摂取量や組み合わせなどの問題が出題傾向として予想されます。
特に、調味料の計算では、重量を計量スプーンに換算できるようにしておく必要があるでしょう。

実技ではりんごの皮むきや野菜のみじん切りなどの基礎技術を見る試験と、簡単な卵料理を1品作るといった調理技術を見る試験が行われますが、実技試験の内容は事前に公表されますので、事前対策は行いやすいと言えます。

時間内に分量をきちんと計り、見た目もきれいに仕上げるには、自宅などで練習をする方が良いでしょう。
実技試験の例としては厚さ4ミリに揃えたキュウリの輪切りや、スクランブルエッグの調理などです。

家庭料理技能検定3級の過去問

家庭料理技能検定の公式サイトで模擬問題をいくつか見ることはできますが、やはりきちんと筆記試験の対策を行うには、過去問題集を使ってさまざまなパターンに慣れておくことをおすすめします。

本検定の傾向と対策は過去問を何度も繰り返し解くことで把握できますし、自分の苦手分野に気づき、克服することができるでしょう。
過去問題集には前年の実技試験の評価ポイントも掲載されているので、あわせてチェックしておけばより安心です。

資格取得を考えている、あなたへのおすすめページ

勉強法や試験直前対策、勉強ノウハウなど、家庭料理技能検定3級の学習に役立つ様々な記事を掲載中です。

広告

電車で通勤中などのスキマ時間を有効活用

オンスクの家庭料理技能検定3級講座は、スマホやパソコンで学習できるオンライン学習講座です。
かんたん登録でいますぐ無料でお試し。

オンスクとは?

講座の詳細を見る

ページトップへ