家庭料理技能検定3級の試験日・合格発表や申込み期間

家庭料理技能検定は、調理学と栄養学を組み合わせた技術を認定する試験です。
文部科学省や農林水産省、厚生労働省が後援しているため、高い信頼度がある検定です。

家庭料理の調理技術と基礎知識が身に付き、近年は女性だけでなく男性の受験者も増えてきています。
こちらでは家庭料理技能検定3級の試験日や申込み期間についてご紹介します。

家庭料理技能検定3級の試験日程

家庭料理技能検定3級の試験は年に2回実施され、1回の試験で、筆記による一次試験と実技による二次試験が行われます。筆記試験の合格者のみ、実技試験に進めます。

申込みから合格発表まで、おおよその日程は以下のようになっています。

※下記は今までの実施日を参考とした通例の日程を記載しています。
受験する年度によって日程が異なりますので、家庭料理技能検定のホームページなどで早めに確認しておきましょう。

2021年度から試験方式が変更になりますので、注意が必要です。
個人受験(4級・5級)はCBT方式で、自宅受験が可能となります。
また、個人受験(1級~3級)はCBT方式で、全国のテストセンター(約280か所)で受験ができるようになります。団体受験(準1級~3級)は、従来通りペーパー試験として指定された会場受験となります。

第1回一次試験(筆記)
受付期間:3月下旬~5月上旬
試験日: (団体)6月の第3日曜日 (個人)6月上旬~6月中旬までの約2週間
合格発表:試験日のおよそ15~20日後

第1回二次試験(実技)
受付期間:一次試験発表日の翌日~およそ2週間
試験日: 9月の第3日曜日
合格発表:試験日のおよそ1ヵ月後

第2回一次試験(筆記)
受付期間:8月下旬~ 10月上旬
試験日: (団体) 11月の第3日曜日 (個人)10月下旬から11月中旬までの約2週間
合格発表:試験日のおよそ15~20日後

第2回二次試験(実技)
受付期間:一次試験発表日の翌日~およそ2週間
試験日:翌年2月の第1・もしくは第2日曜日
合格発表:試験日のおよそ15~20日後

試験場所
家庭料理技能検定3級の筆記試験は北海道から沖縄まで全国280会場のテストセンターで行われています。
また、実技試験は、北海道から鹿児島までの学校やクッキングスタジオなどが試験場所となりますので、家庭料理技能検定のホームページで試験場所を確認しておきましょう。

家庭料理技能検定3級の申込みから合格発表まで

一次試験申込み方法 (インターネットでの申込み)
家庭料理技能検定のホームページから申込むことができます。
検定料はコンビニ店頭での現金払い、またはクレジットカードでの一括払いで支払います。

申込時にあなたが指定したテストセンターで、約2週間の指定期間内にコンピューターで試験を受けます。

一次試験合格発表方法
一次合否発表日の2日後に一次合否通知が発送となり、そのなかに二次試験の案内が同封されます。

二次試験申込み方法
一次試験と同様に申込みます。 家庭料理技能検定のホームページから申込む場合は、検定料はコンビニ店頭での現金払いか、クレジットカードでの一括払いとなります。

二次試験合格発表方法
二次合否発表日の2日後に一次合否通知が発送となり、合格者には希望により有料の合格証明書か無料の合格カードが発行されます。

成績優秀者表彰制度
家庭料理技能検定では、年に一度、料検を優秀な成績で合格された方や食育の向上に積極的に取り組まれた学校・団体を称え、成績優秀者表彰式を開催しています。
成績優秀者および団体の表彰は、表彰状および記念品または記念品のみを授与されます。

広告

電車で通勤中などのスキマ時間を有効活用

オンスクの家庭料理技能検定3級講座は、スマホやパソコンで学習できるオンライン学習講座です。
かんたん登録でいますぐ無料でお試し。

ウケホーダイとは

講座の詳細を見る

ページトップへ