posted

登録販売者は独学できる!資格勉強初心者におすすめのテキストとは?

登録販売者は独学できる!資格勉強初心者におすすめのテキストとは?

この記事をご覧になっている方は、登録販売者を独学で受験すると決めて、教材を探しているところかと思います。
しかし登録販売者は、年間6万人が受験する大人気の国家資格。対応する教材もいろいろあり、どれを選んだらよいか迷っている方も多いでしょう。

今回はそんな皆さんに向けて、登録販売者のおすすめテキストをご紹介します。受験勉強が久しぶりという方のために、効率よく独学するための勉強ポイントもあわせてお伝えしますので、ぜひご覧くださいね。

広告

資格勉強初心者が押さえるべき登録販売者の独学ポイント

資格勉強に慣れていない方がやりがちなのが、テキストを丁寧に読み、きれいにまとめノートを作るものの、内容はいまいち頭に入らない…というもの。いくら時間があっても、これでは効率がよくないですよね。

まずは登録販売者試験について知り、独学のポイントを押さえましょう。登録販売者試験には、こんな特徴があります。

  • 4つまたは5つの選択肢から正解を選ぶマークシート方式であること
  • 知識を問う出題がメインであること
  • 試験出題数120問のうち、正答率が7割以上であり、かつ、5つの科目それぞれで正答率が4割程度以上であれば合格できること
  • 5つの科目のうち、「主な医薬品とその作用」の問題数が全体の3割以上を占めること

上記を踏まえると、登録販売者を効率的に独学するためには、以下のポイントを押さえればよいということになります。

  • 暗記中心の勉強となるため、勉強時間は掛けすぎない(3ヵ月~5ヵ月が目安)
  • 得点は7割以上(各科目4割以上)あればよいので、まんべんなく勉強するよりも、頻出問題を確実に解けるようにする。そのため、問題演習中心の勉強を行う
  • 特に「主な医薬品とその作用」の章の勉強・問題演習に重点を置く

細かい勉強法については、以下の受験経験者の記事も参考にしてくださいね。

連載「合格者が伝授!登録販売者勉強法(全6回)」
連載「登録販売者の独学勉強法(全5回)」

登録販売者のテキストの選び方のポイント

登録販売者の独学のポイントを押さえたところで、次は、テキストの選び方のポイントを押さえましょう。

ポイント① メインのテキストは1冊に絞る

資格勉強に慣れていない方がやりがちなのが、テキストを何冊も買った挙句、どれも中途半端にしてしまうこと。

テキストは原則、1冊に絞るのがおすすめです。
勉強が進んでから、補助テキストとして薬や漢方薬などに特化した本を買うのはアリですが、あくまで補助テキストを使いこなす余裕があるときにしておくのが賢明です。

ポイント② 「手引き」の年度に対応したものを選ぶ

登録販売者の試験問題は、厚生労働省の「試験問題作成に関する手引き」から作成されています。そのためテキストも、最新の手引きに対応しているものを選ぶのがおすすめ。

なお2020年7月現在は、2018年の手引きが最新となっています。手引きの年度が知りたい場合は、厚生労働省サイト右上の検索ボックスで「試験問題作成に関する手引き」というキーワードを入れて探してみてくださいね。

ポイント③ 図や表が多く使われているものを選ぶ

前述のとおり、登録販売者の勉強は暗記が中心です。でも、文章だけのテキストから、暗記すべき項目を拾いだしてまとめるのは大変な作業ですよね。

効率よく暗記するためには、学ぶ内容が表や図などで機能的にまとまっているテキストを選ぶのがおすすめ。特に「人体の働きと医薬品」「主な医薬品とその作用」の章で、表や図が多く使われているといいですね。

ポイント④ 別表・まとめ本が入っているとベター

重要な暗記項目は、まとめノートを作っていつも持ち歩くと、スキマ時間で覚えられて勉強効率がアップします。でもまとめノートを作るのには、ちょっとした技術とコツが必要なもの。慣れていないとものすごく時間がかかってしまうことも。

テキストの中には、巻末に「別表」「まとめ本」などが入っているものがあります。これがあると、まとめノートを作る手間が省けるのでおすすめ。この別表などに、重要だと思う情報を書き足していくと、より充実したまとめ本になるので便利ですよ。

登録販売者の「スタンダード」なテキストならこれ!

登録販売者のテキスト選びのポイントを押さえたところで、いよいよテキストを選びましょう。

とはいえ、大型書店の資格本コーナーにある「登録販売者 テキスト」と入った本であれば、内容自体は概ね問題ありませんので、あとは中身を見て好みで決めてよいでしょう。

ただ、持ち運びすることが多いのであれば、A5サイズくらいのテキストがよいでしょうし、合格後も実務で使うのであれば、簡潔すぎるテキストよりは内容が細かいテキストの方がよいです。自分がどんな使い方をしたいのか、考えておくと選択がスムーズでしょう。

では参考までに、前述の4つのポイントすべてを満たすテキストを1冊ご紹介します。

らくらく完全攻略!登録販売者試験合格テキスト&問題集

らくらく完全攻略! 登録販売者試験合格テキスト&問題集

私が回った5つの書店すべてに置いてあったテキスト、「らくらく完全攻略!登録販売者試験合格テキスト&問題集」。おすすめポイントは次の通りです。

  • 504ページと、必要十分なボリューム
  • 「試験問題作成に関する手引き」最新版に対応
  • 図や表が多用されており、読みやすく理解しやすい
  • 取り外しできる別冊の「頻出・重要項目 総まとめハンドブック」(成分のまとめや生薬の成分等)が便利
  • 持ち運びしやすいA5サイズ

また個人的所感ですが、他のテキストと比べて格段に色使いとレイアウト構成が優れているため、視覚的に理解しやすく記憶に残りやすいです(いいデザイナーさんを使っていますね!)。

問題演習は必須!書籍でもオンライン講座でもOK

テキストは1冊に絞るとして、登録販売者の独学には、問題集も必須です。

問題集については1冊用意するか、スマホで問題演習ができるオンライン講座がおすすめです。特にオンライン講座の場合、教材を2冊持ち歩く必要がありませんし、どの章の正解率が低いかなど、復習すべき問題が一目でわかり、効率的な勉強を行えるメリットがありますよ。

なお問題演習を3回転くらいやったら、仕上げには必ず過去問題を解きましょう。
登録販売者の試験問題は都道府県ごとに傾向が微妙に異なります。受験する都道府県の過去問題(インターネットで探せます)を、3年分は解きましょう。また解く際は、実際の試験時間にあわせて解くと、時間配分がつかめますよ。

登録販売者の独学に問題演習は必須!書籍でもオンライン講座でもOK!

いかがでしたか?
登録販売者は取得して損のない、コスパの良い人気の国家資格。知識ゼロからでも、3~5ヵ月あれば独学で十分合格が狙えます。自分に合ったテキストを手に入れて、さっそく第一歩を踏み出してくださいね!

登録販売者講座

無料登録でオンラインの資格講座を体験しよう!

資格受け放題の学習サービス『オンスク.JP』では様々な資格講座のオンライン学習が可能です。
最短20秒の無料会員登録で、各講座の講義動画・問題演習の一部が無料体験できます。

※無料会員は、決済情報入力なしでご利用可能。
※自動で有料プランになることはありません。

無料体験でできること

無料会員登録

オンスク.JP 講座一覧

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ