他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

ID:

password:

無料会員登録

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

2018/6/8 updated

資料の説得力UP!Excel標準グラフ活用術① 棒・折れ線・複合グラフ

資料の説得力UP!Excel標準グラフ活用術① 棒・折れ線・複合グラフ

資料作成業務が欠かせない会社員にとって、データをまとめるためにExcelは必須です。
そして数字だけを並べた表よりも、グラフが効果的に使われている資料の方がよりわかりやすいですよね。

でも、「グラフがうまく作れなくていつも表だけで済ませてしまう」「Excelのグラフは縦棒しか作ったことがない」という方は、意外に多いのではないでしょうか。

そこで今回は「説得力UP!Excelグラフ活用術」と題して5回に渡り、Excel標準搭載のグラフ11種類について、特徴と作成例をご紹介します。
Excelの表作成機能しか使っていない方も、この機会にExcelマスターへの一歩を踏み出してみましょう!

第1回は、基本中の基本「縦棒グラフ」「横棒グラフ」「折れ線グラフ」についてです。

広告

初級編1:基本の縦棒グラフをマスター!

Excelの中でよく使われる基本的なグラフが棒グラフです。

棒グラフは縦と横の2種類あります。様々な値を棒の長さで表し、量を比較するのに適したグラフとなります。初心者でも作りやすいのが特徴です。

縦棒グラフの特徴

下から上に伸びている棒グラフであり、縦軸に数値、横軸に項目を配置することが多いです。
時系列のデータの大小を比較する場合に適しています。横軸に年月日を配置すると、左から右にいくにつれて時系列が進むので見やすくなります。

縦棒グラフの使用例

テーマパークの入場者数の推移(横軸:年月日、縦軸:人数)
デパートでの売上の推移(横軸:年月日、縦軸:売上金額)

縦棒グラフの作成例

以下の表から縦棒グラフを作成する手順を簡単にご紹介します。
(以下、Excel2010で作成。フォントはMeiryo UIを使用)

↓元の表データ

縦棒グラフの元の表データ

① A2セルからC8セルまでを選択する
② ツールバー上の「挿入」メニューを選択し、「縦棒」の「2-D縦棒」から「集合縦棒」を選択する

これで完成です。
あとは、グラフを選択するとツールバーに表示される「グラフツール」メニューで見映えを調整しましょう。
※下図では以下の調整を行っています。
・「デザイン」タブで「スタイル1」(白黒)を指定
・「レイアウト」タブで「グラフタイトル」を「グラフの上」に指定しタイトルを入力
・同タブで「目盛線」の「主横軸目盛線」で「なし」を指定

↓作成後の棒グラフ

縦棒グラフ

初級編2:基本の横棒グラフをマスター!

横棒グラフの特徴

左から右に伸びたグラフとなっており、簡単に言えば縦棒グラフの横バージョンです。
区分別の売上を比較するなど、前後の時系列があまり関係ない場合に使われます。

横棒グラフの使用例

店舗での商品別の売上(横軸:売上金額、縦軸:商品名(婦人/紳士/子供など))
社内研修の分野別テスト点数(横軸:点数、縦軸:テストの分野)

横棒グラフの作成例

以下の表から横棒グラフを作成する手順を簡単にご紹介します。
(以下、Excel2010で作成。フォントはMeiryo UIを使用)

↓元の表データ

横棒グラフの元の表データ

① A2セルからF9セルまでを選択する
② ツールバー上の「挿入」メニューを選択し、「横棒」の「2-D横棒」から「積み上げ横棒」を選択する

これで完成です。
あとは、グラフを選択するとツールバーに表示される「グラフツール」メニューで見映えを調整しましょう。
※下図では以下の調整を行っています。
・「デザイン」タブで「行/列の切り替え」を指定
・「デザイン」タブで「スタイル12」(赤)を指定
・「レイアウト」タブで「グラフタイトル」を「グラフの上」に指定しタイトルを入力
・同タブで「目盛線」の「主縦軸目盛線」で「なし」を指定

↓作成後の棒グラフ

横棒グラフ

中級編:時系列が得意な折れ線グラフをマスター!

Excelのグラフ機能で、棒グラフの次によく使われるのが折れ線グラフです。
折れ線グラフは、プロットされた点を直線で繋いだもので、線の傾きにより量の増減を表すのに適しています。
比較する項目が多いときは、棒グラフよりも折れ線グラフの方が向いているでしょう。

折れ線グラフの特徴

主に横軸に年月日、縦軸にデータ量を配置します。
結んだ線が右上がり→増えている、右下がり→減っている と、データ量の増減が可視化できます。

折れ線グラフの使用例

Webサイトのアクセス数の推移(横軸:年月日、縦軸:アクセス数)
ある商品の売上推移(横軸:年月日、縦軸:売上金額)
テーマパークの入場者数の推移(横軸:年月日、縦軸:人数)

折れ線グラフの作成例

以下の表から折れ線グラフを作成する手順を簡単にご紹介します。
(以下、Excel2010で作成。フォントはMeiryo UIを使用)

↓元の表データ

折れ線グラフの元の表データ

① A2セルからF8セルまでを選択する
② ツールバー上の「挿入」メニューを選択し、「折れ線」の「2-D折れ線」から「折れ線」を選択する

これで完成です。
あとは、グラフを選択するとツールバーに表示される「グラフツール」メニューで見映えを調整しましょう。
※下図では以下の調整を行っています。
・「ページレイアウト」タブ「配色」で「シック」を指定
・「デザイン」タブで「スタイル2」を指定
・「レイアウト」タブで「グラフタイトル」を「グラフタイトルを中央揃えで重ねて配置」に指定しタイトルを入力
・同タブで「目盛線」の「主横軸目盛線」で「なし」を指定

↓作成後の折れ線グラフ

折れ線グラフ

上級編:異なるグラフを組みあわせた複合グラフをマスター!

Excel の縦棒・横棒グラフと折れ線グラフの2種類をマスターしたら、少し複雑な複合グラフにチャレンジしてみましょう。

複合グラフの特徴

棒グラフ+折れ線グラフというように、あるグラフに異なる性質の項目のグラフを加えます。
同じ性質のデータでも、個別のデータは棒グラフ、合計のデータは折れ線グラフという作り方もあります。

複合グラフの使用例

ある商品の売上金額と達成率の推移
(棒グラフの横軸:年月日、縦軸:売上金額/折れ線グラフの横軸:年月日、縦軸:%)
ある営業部での地域別売上金額と合計売上金額の推移
(棒グラフの横軸:年月日、縦軸:地域別売上金額/折れ線グラフの横軸:年月日、縦軸:合計金額)

複合グラフの作成例

以下の表から複合グラフを作成する手順を簡単にご紹介します。
(以下、Excel2010で作成。フォントはMeiryo UIを使用)

↓元の表データ

複合グラフの元の表データ

① A2セルからB8セルまでを選択し、Ctrlキーを押しながらD2セルからD8セルまでを選択する
② ツールバー上の「挿入」メニューを選択し、「縦棒」の「2-D縦棒」から「集合縦棒」を選択する
③ グラフを選択するとツールバーに表示される「グラフツール」の「レイアウト」タブ左端のプルダウンメニューで「系列“達成率”」を指定する。「デザイン」タブ「グラフの種類の変更」で「マーカー付き折れ線」を指定する
④ 表示された折れ線グラフ上で右クリックし、「データ系列の書式設定」の「系列のオプション」で「第2軸(上/右側)」を指定する

これで完成です。
あとは、「グラフツール」メニューで見映えを調整しましょう。
※下図では以下の調整を行っています。
・「デザイン」タブで「スタイル1」(白黒)を指定
・「レイアウト」タブで「グラフタイトル」を「グラフの上」に指定しタイトルを入力
・同タブで「目盛線」の「主横軸目盛線」で「なし」を指定

↓作成後の複合グラフ

複合グラフ

上記グラフでは、売上金額を棒グラフ、達成率を折れ線グラフで表示しています。
右側に凡例をつけることにより、棒グラフと折れ線グラフが何を表すかがわかりやすくなりますね。

今回はExcelグラフの基本である棒グラフ・折れ線グラフ、そして応用編として複合グラフについてご紹介しました。
各グラフの特徴をマスターすれば、今までよりもわかりやすい企画書や会議資料が作れそうですね!

次回は「円、面」を利用したグラフをご紹介します。棒や折れ線では扱いにくかったデータをグラフ化できるので、資料の表現力がぐっとアップしますよ!

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ