宅建ポイント~覚えよう!重要数字~講座

担当講師:才間 恵一

「数字が関係する問題」にまつわる知識を正確におさえられる!

宅建ポイント~覚えよう!重要数字~講座をお試し視聴する

講座内容

オンスクの宅建ポイント講座は、講義動画・問題演習・ダウンロード教材つき。
学習の進捗管理もすべてWEB上でできる、資格対策講座です。

※当講座は宅建の数字の知識に特化したコンテンツです。初学者の方は宅建講座とあわせての受講を推奨しています。

講義動画
全17回(約4時間)
問題演習
全102問
ダウンロード教材
音声、講義スライド
その他機能
学習管理機能、キーワード検索機能、復習機能 等

講座開講・改訂日

本講座のコンテンツ(講義動画・問題演習・ダウンロード教材)を開講もしくは改訂した日です。

上記コンテンツは、いずれも過去の本試験の内容から試験に重要な部分を取り上げておりますが、受講や受験のタイミングによって、最新の本試験の内容に一部未対応となる場合がございます。

2020年09月09日
もっと詳しく見る

講座カリキュラム

1. 民法等 1-1. 不法行為/相続
1-2. 借地借家法
1-3. 不動産登記法/区分所有法
2. 宅建業法 2-1. 宅建業者/宅建士
2-2. 営業保証金/保証協会
2-3. 名簿及び帳簿/媒介契約
2-4. 8種規制
2-5. 報酬額の計算/住宅瑕疵担保履行法
3. 法令上の制限 3-1. 地区計画/開発許可制度
3-2. 建築基準法
3-3. 単体規定
3-4. 集団規定
3-5.国土利用計画法/農地法/宅地造成等規制法
4. その他関連知識 4-1. 地価公示法/景表法
4-2. 不動産取得税
4-3. 固定資産税
4-4. 統計
1. 民法等 1-1. 不法行為/相続 1-2. 借地借家法 1-3. 不動産登記法/区分所有法
2. 宅建業法 2-1. 宅建業者/宅建士 2-2. 営業保証金/保証協会 2-3. 名簿及び帳簿/媒介契約 2-4. 8種規制 2-5. 報酬額の計算/住宅瑕疵担保履行法
3. 法令上の制限 3-1. 地区計画/開発許可制度 3-2. 建築基準法 3-3. 単体規定 3-4. 集団規定 3-5.国土利用計画法/農地法/宅地造成等規制法
4. その他関連知識 4-1. 地価公示法/景表法 4-2. 不動産取得税 4-3. 固定資産税 4-4. 統計

宅建ポイント~覚えよう!重要数字~ 講座の特長

あと少しの得点を伸ばすポイントがわかる講義動画

宅建試験の「数字が関係する問題」にまつわる知識・ポイントを正確におさえられるようになるための講義動画です。

ある程度、宅建の学習が進んでいて「大体の内容は理解できているけれど、曖昧な知識をもっと正確に身に付けて、点数を伸ばしたい…!」と課題を感じている方におすすめです。

また、重要数字に付随する知識や引っ掛けポイントもあわせて学習することも可能なため、「混同しがちな知識を整理したい」「受験テクニックを身に付けたい」という方もご活用ください。

担当講師:才間 恵一

お試し視聴する(無料)

※会員登録後、利用できる講義動画を視聴できます。ご利用の端末で視聴可能か、ご確認ください。

重要数字に関する知識・引っ掛けポイントの知識を深める問題演習

講義動画でポイントを学んだら、自力で解けるかを問題演習でチェックしましょう。

問題演習は一問一答形式になっているため、手軽にスキマ時間で知識を身に付けることができます。また、間違えた問題だけを解き直したり、実力テストで理解度のチェックもできるので、アウトプット強化に最適です。

宅建講座との併用で、知識やテクニックが深く学べる

宅建ポイント講座の内容は、宅建講座で解説している試験対策上に求められる知識やテクニックがベースとなっています。
そのため、宅建講座の講義動画・問題演習で基礎を固め、内容が理解できてきたタイミングで当講座を活用すると解説の意図が明らかになるため、より効果的に学びを深められます。
自分のタイミングで学習をスタートし、当講座を使ってみてください。

効率的な学習の手順

  1. 宅建講座の講義動画を見る→問題演習を解く、を繰り返し行うことで、宅建の学習内容全体的に理解する
  2. ある程度理解できた段階で、宅建ポイント講座の講義動画・問題演習でより深い知識・テクニックを深める

※宅建講座と同じタイミングでスタートよりも、学習が進んできた段階(比較的、直前期)に当講座をご利用いただくのが効率的です。

プランのご案内

ウケホーダイ

初期費用・入会金なし。 ウケホーダイなら講座ごとの料金支払い不要。定額で講座を受講し放題!
月額支払い、一括支払いのプランを選択して購入可能

宅建(宅地建物取引士)の資格とは?

不動産業はもちろん様々な業界の方が取得される人気の高い国家資格。
不動産取引に関する業務を取り扱う行政書士や司法書士からは人気が高く、取得が盛んな資格です。
また、宅建の試験範囲にも含まれる「建築基準法」の知識が要求される建設業や、不動産を担保物件として扱う機会の多い金融業にも人気が高くなっています。

この資格のおすすめポイント

  • 不動産業界への就職・転職には必須、金融機関でも活かせるスキル
  • 就職・転職・キャリアアップ、マイホーム購入時に役立つ

試験対策や勉強法に役立つおすすめ記事

講座を受講する

関連ページ

ページトップへ