他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

ID:

password:

無料会員登録

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

2018/11/8 updated

「販売従事者」「農林漁業従事者」とは?職業の概要とおすすめ資格

「販売従事者」「農林漁業従事者」とは?職業の概要とおすすめ資格

皆さん、こんにちは!

連載「実はこんなにある!日本の職業」、前回は「事務従事者」と「保安職業従事者」についてご紹介しました。
保安職業に含まれる意外な職業についても取り上げたので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

連載5回目の今回は、身近な職業である「販売従事者」と、将来の需要増加も見込まれている「農林漁業従事者」をピックアップします。

仕事内容や具体的な職種名の他、おすすめの資格もご紹介します。
転職やスキルアップを考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

広告

「日本標準職業分類」大分類一覧
※オレンジ色の項目が今回ご説明する職業です※

A 管理的職業従事者
B 専門的・技術的職業従事者
C 事務従事者
D 販売従事者
E サービス職業従事者
F 保安職業従事者
G 農林漁業従事者
H 生産工程従事者
I 輸送・機械運転従事者
J 建設・採掘従事者
K 運搬・清掃・包装等従事者
L 分類不能の職業

販売従事者とは

販売従事者とは

販売従事者とは読んで字のごとく、商品の販売に携わる人のことです。総務省は販売従事者を、以下の3つのタイプに分類しています。

1 商品販売従事者
2 販売類似職業従事者
3 営業職業従事者

1の商品販売従事者とは、商品の買い付けから消費者への提供までを担当する職業です。おそらく皆さんが「商品の販売をする人」と聞いて、ぱっと思い浮かびやすい職種といえるでしょう。
具体的には、小売店の店長や販売スタッフ、商品のバイヤー、移動・訪問販売スタッフなどが含まれます。

2の販売類似職業従事者に含まれているのは、不動産売買の仲介人や質屋店主、金融仲立人などです。
商品を直接的に売り買いするのではなく、お客様同士の売買取引の補佐をする職種が該当します。

最後の営業職業従事者には、様々な商品の売り込み(営業)を行う職種が含まれます。いわゆる営業職ですね。
営業員が取り扱う商品は、不動産や食品、化学品、機械器具、自動車といった形あるものから、旅行や会員勧誘といった無形のものまで、実に様々です。

農林漁業従事者とは

農林漁業従事者とは

農林漁業従事者とは、農業や林業、水産業といった第1次産業に関わっている人のことです。総務省は農林漁業従事者を、以下の3つのタイプに分類しています。

1 農業従事者
2 林業従事者
3 漁業従事者

1の農業従事者には、農業や園芸、養畜、造園に携わっている人が含まれます。
具体的な職をあげると、農園作業者や栽培人、肉牛飼育作業員、植木職人などです。

ちなみに「造園」というと、庭を美しくデザインするガーデンデザイナーなどを連想しがちですが、それらは「専門的・技術的職業」に分類されています。
「農林漁業従事者」に含まれる職種は、本格的な造園のデザインをする仕事というよりは、日々緑のお手入れをする人(ゴルフ場の芝刈りスタッフや庭師など)と覚えておくとわかりやすいかもしれません。

2の林業従事者に含まれているのは、山林作業員や立木伐採人、うるし採取作業員などです。山林の管理人や、狩猟に携わっている人も含まれます。

最後の漁業従事者に含まれているのは、地引き網引き作業員、漁船乗組員、航海士など。海の幸の養殖に携わっている人もこちらに分類されています。

それぞれの職種におすすめの資格

では最後に、「販売従事者」と「農林漁業従事者」におすすめの資格について見てみましょう。

販売従事者におすすめの資格

販売従事者におすすめの資格は、取り扱う商品や担当する仕事によって異なります。

例えば商品販売従事者の「販売スタッフ」であれば、商工会議所を認定元とする販売士の資格が役立ちやすいです。販売士の資格を取る過程で、接客のノウハウや売り場のレイアウトといった、販売担当に必要な知識を一通り学ぶことができます。

また、販売類似職業従事者の「不動産売買の仲介人」であれば、就職に際して宅建士の資格の有無が問われるケースが多いです。宅建は不動産取引の専門家であることを証明する国家資格なので、不動産売買に携わるのであればぜひ取得しておきたい資格といえるでしょう。

【販売職を目指す人におすすめの資格】

農林漁業従事者におすすめの資格

農業従事者におすすめの資格は、農業全般のことが学べる日本農業検定や農業簿記検定、野菜ソムリエなどです。また、地方で仕事するケースが増えるため、交通・運搬手段として運転免許も必要になります。

林業従事者におすすめの資格は、重機の運転免許や、林業技士などです。特にパワーショベルをはじめとする車両系建設機械の操作スキルがあれば、現場で即戦力として採用してもらいやすくなります。

漁業従事者におすすめの資格は、船舶操縦免許や海上特殊無線技士などです。
その他、漁業業界は若手を積極的に採用したいという意向から、未経験者向けの漁業就業セミナーや就業支援フェア、研修制度などを広く行っています。資格の有無よりやる気が重視されやすいので、漁業に興味がある方は参加してみるとよいかもしれません。

【農林漁業従事者を目指す人におすすめの資格】
  • 中型・大型自動車免許など
  • 農業…日本農業検定、農業簿記検定、野菜ソムリエなど
  • 林業…林業技師、重機(特に車両系建設機械)の運転免許など
  • 漁業…船舶操縦免許、会場特殊無線技士など

今回は「販売従事者」と「農林漁業従事者」の概要および関連資格についてご紹介しました。

次回は様々なサービスを提供する「サービス職業従事者」と、商品の生産などに関わる「生産工程従事者」をピックアップします。お楽しみに!

参考URL:
http://www.soumu.go.jp/toukei_toukatsu/index/seido/shokgyou/kou_h21.htm#grp99

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ