他のサービスIDでログイン

  • Facebook
  • Google

メールアドレスでログイン

ID:

password:

無料会員登録

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

2016/9/23 updated

日商簿記3級は就職や転職にどのように活かせるの?

日商簿記3級は就職や転職にどのように活かせるの?

企業で働く人にとって必須の基礎知識といわれる日商簿記3級。経理以外でも職種にかかわらずつぶしが効くことから、人気の高い定番の資格となっています。他の資格と比べて容易に取得できることから、就職・転職活動のアピールポイントにしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、簿記3級の資格から得られるメリットや活用法を探っていきます。

広告

簿記3級は社会人にとってどのように役立つか

簿記3級は、経理の仕事に必要不可欠な基本的な仕訳や勘定科目、財務諸表の知識が必要とされます。
中小企業では、経理に関しては社長もしくは社長の妻が担当しているケースが多いのが実情です。しかし、会社が発展すると、その経理業務を社員が行うことが多くなります。その際、会社の損益がわからない等、経理に疎い社員が少なくありません。ですので、最低でも簿記3級の資格を有している社員は会社にとって非常に重要な存在になってくるのです。

もちろん現在では、多くの企業で経理はコンピューターによるシステム化が一般的となっています。しかし、経理の知識がない社員が完全にコンピューターに任せきりにすると、万が一の機械上のトラブルに対応できず、会社に大きな損害を与えかねません。やはり、コンピューターがなくても資金をしっかり管理する能力のある、経理に明るい社員が、企業には必要です。

また、簿記3級の資格は経理の業務だけに有効とは限りません。財務諸表を理解することができれば、営業部でも大いに役に立ちます。得意先の経営状況を適格に判断することができるので、取引相手に『経理とは違う部署の人間なのに経理に詳しいな』と一目置かれます。
そして、得意先が取引相手としてふさわしい企業かどうかの判断ができるので、日々の営業活動の能率を上げることが可能になります。
また、仕事全体の視野が広まり、自分がするべき仕事の役割をより深く理解できます。

さらに、簿記3級の知識が役立つのは企業だけではありません。個人経営のお店や自宅で仕事をするフリーランスなどでも、会計処理や確定申告の際に簿記の知識が十分に活かされます
また、日常生活においても、ビジネス書や経済新聞の内容がスムーズに理解でき、社会人として恥ずかしくない教養を身に付けることができます。

このように、簿記3級は、まさに社会人にとって必須の資格といえるでしょう。

簿記3級って新卒入社時にメリット・有利な点ってあるの?

簿記3級の資格を有していることが就職活動でも有利に働くことは確かです。 簿記の知識を有した人材は企業にとって大きな価値があるので、就職先の選択の幅が広がるというメリットがあります。また、簿記の資格を取るために努力したという事実は、面接官に好印象を与えることができます。

就職後、すぐさま希望通りの部署に配属されるとは限りませんが、簿記3級の資格が配属先の決定に影響することは大いにあり得ます。つまり、資格を有効に活用できる部署に配属される可能性が高くなるわけです。運よく経理部門へ配属されれば、簿記3級の取得のために学んだ帳簿の作成管理や会計に関する知識を存分に発揮することができます。

転職する足掛かりとしても、やはり簿記3級は最低限取得しておくほうがよいでしょう。

簿記3級の資格をとるメリットと、キャリアにおいて有利な点とは

簿記3級の資格を有することで、希望通りの職種に就ける確率が高まります。特に数ある職種の中でも経理関係は、保有している資格をフルに活用できる分野です。

簿記3級の資格を取得していれば、簿記2級以上の資格を取得する勉強の場を兼ねて、会計事務所や税理士事務所などで、試験で学んだことを役立てることができます。基礎的な帳簿管理をはじめ、企業の経営状態や各部署の活動内容を詳細に表す作業を通して、試験の内容をほぼすべて応用できるメリットがあるのです。
会計事務所や税理士事務所では、資格を通常の業務に活かせるだけではなく、さらなるキャリアアップを目指すことができます。簿記検定試験のために勉強した知識が税理士や公認会計士の試験にも応用できるのです。普段の仕事がそのまま次の資格へのステップとなるわけです。

さらに、資格を活用できる場は経営コンサルティングにまで広がります。
経営コンサルティング業は、企業の経営状態を診断し、経営体質の強化や経営上の問題を解決するための指導やアドバイスをする職業です。この経営コンサルティング業にも簿記がとても大きな役割を果たすのです。一見すると、経営コンサルティング業と簿記の間に直接的なつながりがあるようには見えませんが、実は密接な関係があるのです。経営コンサルティング業では、各企業のバランスシートや損益計算書をベースにマネジメントやアドバイスなどを行います。その際、バランスシートなどを読み取り、資料から問題点を追及して解決案を提示するので、やはりここでも簿記3級の資格が大きく役立つのです。

また、簿記3級の資格が人気である理由の一つとして、合格率が高いということがあります。特に簿記3級であれば、1ヶ月から3ヶ月程度の勉強で合格することも不可能ではありません。しかも、独学でも比較的容易に取得でき、塾や予備校などの教室に通う手間と時間が節約できるのも魅力となっています。市販のテキストのほかに、インターネットのオンライン講座も利便性が高く人気があります。

簿記3級が転職において有利な理由とは

簿記3級の資格が転職に有利であることはいうまでもありません。なぜなら、どの企業でも、大抵経理部では簿記3級以上の資格を有していることを募集の要件にしているからです。
また、景気に左右されず、安定した需要があるため、転職先の選択肢が広がります。資格手当がつく企業も多いため、経理部に転職を希望している人は簿記3級の取得は必須と考えたほうがよいかもしれません。
もちろん、他部署でも簿記3級の資格は大いに役立ちます。低コスト・高品質の製品を作る場合、コスト削減の箇所を探り出す作業では、簿記3級の試験勉強で学んだことが有効に活かされるわけです。

未経験でも経理の転職にチャレンジしたいのでしたら、簿記3級の合格は必須といっても過言ではありません。それは、知識も経験も全くない人よりも、経験はないけど資格は保有しているという人のほうが転職に有利だからです。未経験の派遣やパート・アルバイトでも、簿記3級の資格を保有していれば、時給をプラス評価してくれることがあります。もちろん、正社員には資格手当がつく可能性が高くなります。

歴史も長く知名度も抜群の日商簿記の資格が履歴書に記入されていれば、面接官に好印象を与えることができます。また、資格取得に向けての努力が評価の対象となり、選考に有利に働くことは少なくありません。採用された場合でも、経理部門に配属される可能性は高くなるでしょう。

簿記の資格には有効期限がなく、一生涯にわたって活用することができます。しかも、全国どこでも通用しますので、急な引っ越しでも場所を問わず転職先を選べるというメリットも見逃せません。

広告

まとめ

就職や転職の幅を広げてくれる簿記3級は、企業で働く社会人にとって欠かせない資格といえます。しかも、難易度が比較的低く、独学でも取得が可能なうえ、企業に採用された際には給与面も考慮されることがあるのが大きな魅力です。
あまり費用をかけずに資格を取得したいと考えている人には独学がよいでしょう。市販のテキストやインターネットを利用した、独学で資格の合格を目指す人をサポートするオンライン講座を上手く利用して、効率よく学ぶのが合格への近道かもしれませんよ。

電車の移動中などスキマ時間を使ってスマホで勉強しよう

オンスク.JPの簿記3級講座は、スマホやパソコンを使って勉強ができる講座です。
電車の移動中などにスマホで勉強といったスキマ時間を使って効率よく進めることが可能で、勉強時間をあまり取れない方におすすめです。

スマホで勉強できるオンスクとは?

【簿記3級】試算表と財務諸表の作成法がわかる!『解説動画』を公開

オンスクでは簿記3級の試験を控える皆様の合格を後押しすべく、試算表と財務諸表の作成法を解説した講義動画を有料会員限定で公開いたします!

このお得な機会にぜひ、オンスクで学習をスタートしてみませんか?

講義動画 詳細

講義動画サンプル

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ