posted

初心者でも独学できる!知的財産管理技能検定3級おすすめテキストとは?

初心者でも独学できる!知的財産管理技能検定3級おすすめテキストとは?

知的財産管理技能検定は、ビジネスにおいて知財分野の重要性が高まる中で、注目されている資格の1つ。中でも初級者向けの3級は、国家資格である割に難易度が低く、法律初心者でも独学で十分に合格を狙えるのがポイントです。

資格勉強を独学でするメリットは、通学と比べて費用が抑えられること。そして、時間や場所に縛られず自由に勉強できるので、仕事や学業と両立させやすいことです。

しかし、いざ勉強を始めようとすると、どんなテキストが必要か?など、教材選びで迷ってしまうことも。

そんな方のために今回は、効率的な勉強法をはじめ、教材を選ぶ際のポイントと、独学におすすめのテキスト&問題集をご紹介します。

広告

テキストを使って独学で効率的に勉強するには?

問題集メインで苦手分野を重点的に学習しよう

知的財産管理技能検定3級を効率的に勉強するには、まずは基礎知識を覚えるために、テキストをざっと読みましょう。
基礎的な内容をざっくり把握したら、問題集がメイン教材となります。このとき、問題を解くたびに「間違えた・わからない箇所を、テキストで確認」というサイクルで勉強すると、独学でも効率良く進められますよ。

知的財産管理技能検定3級では、テキスト内容の理解はもちろん大切ですが、試験と同じ出題形式の問題をたくさん解いて、本番に備えることが合格への近道です。

テキスト・問題集を選ぶポイント

初級者向けの資格とはいえ、知的財産管理技能検定3級に合格するには相応の専門知識が必要です。
法律初心者に馴染みのない専門用語に関する説明がきちんとあり、解説がわかりやすいテキストを選びましょう。

学科・実技の2種類の試験に備えよう

知的財産管理技能検定3級の受験は、学科・実技の2つの試験を同日に行います。学科試験は3択のマークシート式、実技試験は記述式です。

テキスト・問題集は、1冊で学科・実技を網羅しているタイプと、学科・実技が別冊になっているタイプがあります。
テキスト購入の際は、どちらのタイプなのか、タイトルをよく確認しましょう。買って勉強した後に「どちらか片方しか勉強していなかった!」と慌てないよう注意してくださいね。

ちなみに、知的財産管理技能検定3級の受験手数料は、学科・実技ともに5,500円で、合計11,000円です。もしどちらかが不合格だった場合、次回の受験では片方だけを申込むことができますよ。

受験日程に対応したテキストを選ぼう

テキスト・問題集には「〇〇年度版」や「第○回まで対応」などの期間が表示されています。購入する際には、受験する日程と、テキストの対応期間をしっかり確認してください。

技術や文化の発展と共に、法改正も頻繁に行われており、国内外の知的財産を取り巻く環境はアップデートされ続けています。そして、このような変化にあわせて、試験の出題範囲も定期的に見直しされています。

古本屋やフリマアプリなどでは中古の安価なテキストも見かけますが、古いものは法改正等に対応していないので、おすすめしません。正しい情報を効率よく学習するため、受験日程に適した教材を選ぶことが大切です。

知的財産管理技能検定3級の独学におすすめのテキスト・問題集

今回おすすめするのは、早稲田経営出版の「知的財産管理技能検定(R) 3級スピードテキスト/スピード問題集」シリーズ。
問題集でわからなかった箇所を、テキストの解説で確認したいので、テキストと問題集は同じシリーズだと便利ですよ。

勉強時間が豊富で、たくさんの問題を解いて試験に備えたい場合は、問題集を追加すると良いでしょう。テキストは基本的に1冊で十分です。

2021年度版 知的財産管理技能検定(R) 3級スピードテキスト

2021年度版 知的財産管理技能検定(R) 3級スピードテキスト

資格の勉強が始めての人や、法律を学んだことのない初心者にもわかりやすい表現のテキストです。イラスト付きの事例は、たまにクスっと笑ってしまうような内容があり、法律の難しい印象を和らげてくれます。

2021年度版 知的財産管理技能検定(R) 3級学科スピード問題集

2021年度版 知的財産管理技能検定(R) 3級学科スピード問題集

同シリーズ「スピードテキスト」の参照ページが記載されているので、問題がよくわからなかった際などの確認作業がスムーズです。重要なテーマには「頻出」または「合否の分かれ目」というマークが登場するので、自分の理解度合いの目安になります。

2021年度版 知的財産管理技能検定(R) 3級実技スピード問題集

2021年度版 知的財産管理技能検定(R) 3級学科スピード問題集

実技試験の攻略ポイントは、ズバリ慣れ!
記述式とはいっても選択肢から記号を選んで解答する問題も多いので、それほど不安がる必要はありません。

例えば、実技試験は下記のような形式で出題されます。

自動車メーカーX社の技術者甲は,2020年6月1日に発明Aを完成し,X社は,2020年6月25日午前10時に発明Aについて特許出願Pをした。
その後,X社の知的財産部の部員乙は,調査及びヒアリングの結果,
(中略)
最も適切と考えられるものを【理由群Ⅰ】の中から1つだけ選び,対応する記号を解答用紙に記入しなさい。

【理由群Ⅰ】
ア 特許出願Pに係る発明Aは,新規性を有していないため
イ 特許出願Pに係る発明Aは,拡大された先願の地位を有しないため
ウ 特許出願Pに係る発明Aは,新規性を有しているため
エ 特許出願Pに係る発明Aは,拡大された先願の地位を有するため

出典:知的財産管理技能検定 第36回3級 実技試験

法律について初心者である私は、まず、このような法律独特の問題文を読むのに苦労しました。対象を「甲・乙…」という文字に置き換える、堅苦しい表現には馴染みが薄かったからです。それでも、繰り返し問題を解いていくと慣れていきます。

それに実際に知的財産に関わる仕事に就いた場合、契約書等の文書を読むことは業務に欠かせません。このような正式な文書に用いられる表現に慣れておくことは、実務でも大いに役立ちます。

この問題集は、実際の試験と同様、法律独特の表現を使用した記述式の問題が出るので、実践力を養うのにもおすすめです。

無料でも学習できる!?過去3回分の試験問題

知的財産管理技能検定のウェブサイトでは、なんと無料で3回分の過去問題を公開しています。誰でもダウンロード可能なので、ぜひ手に入れて活用してください。

ただし、解答はありますが解説がありません。そのため、初心者がいきなりチャレンジするのは厳しいかも…。テキストや問題集で知識を得てから、試験の制限時間である45分以内に30問すべて解答できるかどうか、挑戦してみてください。

知的財産管理技能検定3級おすすめテキストとは?

今回は知的財産管理技能検定3級の効率的な独学に役立つ、おすすめのテキストと問題集についてご紹介しました。

ところで受験するからには一発合格を目指したいですよね。受験にかかる費用もですが、せっかく勉強した時間を無駄にしないよう、再受験は避けたいところ。
しかし講師もクラスメイトもいない独学は、学習内容の配分やモチベーション維持が課題になります。かといって、スクールに通う時間は無い…。

そんな時には、オンライン学習の併用もおすすめです。10分前後の講義ならスキマ時間を有効活用できますし、スマホでも視聴できるので、時間や場所に縛られることもありません。さらに、学習計画の進捗管理ができるタイプなら、より独学の課題点をカバーしてくれます。

独学に後悔の無いよう、しっかり教材を選んで学習し、試験本番に備えてくださいね。

知的財産管理技能検定3級講座

参考URL:
http://www.kentei-info-ip-edu.org/
https://bookstore.tac-school.co.jp/book/detail/54739/
https://bookstore.tac-school.co.jp/book/detail/54742/
https://bookstore.tac-school.co.jp/book/detail/54743/

無料登録でオンラインの資格講座を体験しよう!

資格受け放題の学習サービス『オンスク.JP』では様々な資格講座のオンライン学習が可能です。
最短20秒の無料会員登録で、各講座の講義動画・問題演習の一部が無料体験できます。

※無料会員は、決済情報入力なしでご利用可能。
※自動で有料プランになることはありません。

無料体験でできること

無料会員登録

オンスク.JP 講座一覧

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ