他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

無料体験

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

2016/3/31 updated

自分に似合う色は何色?3つのヒントでオフィスカジュアルを120%満喫!

自分に似合う色は何色?3つのヒントでオフィスカジュアルを120%満喫!

「服、いつもちょっと地味じゃない?」

同期にこんなことを言われたら気になってしまいますよね。
オフィスでは新人らしく清楚な服を選んでいたし、そろそろ自分に似合う色を見つけてオフィスカジュアルを楽しんでみませんか?

感覚的に選んでも、自分に似合う色には巡り合えません。
今回は、自分に似合う色を知ってオフィスカジュアルに活かすための3つのヒントをお伝えしたいと思います。

自分に似合う色を知って、オフィスカジュアルをよりオシャレに可愛く、120%満喫しませんか?

目次
1. 自分に似合う色=パーソナルカラーとは?
2. フォーシーズンカラーでさらに自分に似合う色がわかる?
3. 自分に似合う色でつくるオフィスカジュアルのコーデ例

広告

1. 自分に似合う色=パーソナルカラーとは?

自分に似合う色は何色?3つのヒントでオフィスカジュアルを120%満喫!

「パーソナルカラー」という言葉を聞いたことがありますか?

人は髪の色や瞳の色、肌の色がそれぞれ違います。たとえば日本人には黒髪が多いですが、よく見ると明るさが違うことってありますよね?
この私たちそれぞれが持って生まれた色に、一番合う色のことをパーソナルカラーといいます。

パーソナルカラーには2種類あり、「イエローアンダートーン」と「ブルーアンダートーン」に分けられます。

調べ方はとても簡単で、顔にオレンジとピンクの紙を当てて、オレンジが似合えば「イエローアンダートーン」、ピンクが似合えば「ブルーアンダートーン」です。
まずは自分に似合う色=パーソナルカラーを知りましょう。

2.フォーシーズンカラーでさらに自分に似合う色がわかる?

さらにパーソナルカラーは、色彩や明度によって季節ごとに4タイプに分類することができ、この4タイプをフォーシーズンカラーと呼びます。

自分に似合う色は何色?3つのヒントでオフィスカジュアルを120%満喫!

スプリングタイプ

肌の透明度が高く、瞳が大きく活発で若々しい印象の人に多いのがこのタイプ。
黄色みを含んだ、暖か味のある軽やかな色のグループです。

サマータイプ

ピンク系の明るい肌、優しくてエレガントな印象の人に多いのがこのタイプ。
青みを帯びた、明るくソフトな色のグループです。

オータムタイプ

ぷっくりとした唇を持つ、大人っぽい印象の人に多いのがこのタイプ。
黄色みを含んだ、落ち着いたシックな色のグループです。

ウィンタータイプ

目力のあるはっきりした顔立ちでシャープでモダンな印象の人に多いのがこのタイプ。
はっきりとしたビビットカラー、モノトーン系の色のグループです。

さて、あなたはフォーシーズンカラーのうち、どのタイプの色が似合いそうですか? 自分に似合うシーズンを知ると、必然的に自分に似合う色のタイプがわかりますね。

3.自分に似合う色でつくるオフィスカジュアルのコーデ例

自分に似合う色は何色?3つのヒントでオフィスカジュアルを120%満喫!

さて自分に似合う色のタイプを知ったら、さっそくオフィスカジュアルに活かしてみましょう。
ここでは4つのタイプごとに、オフィスカジュアルのコーデ例をお伝えします。参考にしてみてください。

スプリングタイプのオフィスカジュアル

スプリングタイプのあなたは、明るく鮮やかな色が比較的似合います。
明るめのキャメルをコートやスーツ、ジャケットなどに積極的に取り入れても良いですし、ワンポイントでビタミンカラーを使っても似合うでしょう。
メイクはイエローアンダートーンで明るめ、カラフルな色が似合います。アイシャドウはライトブラウンやイエローグリーン、口紅やチークはコーラルピンク、ライトオレンジがおススメ。 口紅はツヤ感がある方が若々しくキュートな印象になります。

サマータイプのオフィスカジュアル

サマータイプのあなたは、ブルーアンダートーンで明るめな色、パステルカラーが似合います。
シャツやスカートなどの定番アイテムでパステルカラーを取り入れてはいかがでしょうか?
パステルカラーに抵抗がある方は、青みの入ったローズピンクやライトグレー、ネイビーなら取り入れやすいでしょう。アクセサリーは華奢なデザインのシルバー、プラチナが似合います。

オータムタイプのオフィスカジュアル

イエローアンダートーンのオータムタイプの場合、ベーシックカラーはダークブラウン、キャメルなどの暖かみのある色です。
オフィスカジュアルに取り入れるなら、カーキ色のすこしワイドなパンツと白いシャツを合わせたり、深みのあるマスタードやダークな暖色系のニットをチョイスしたり、あるいはマットな赤の口紅を控えめに塗ったりするのもいいでしょう。

ウィンタータイプのオフィスカジュアル

ブルーアンダートーンのウィンタータイプの場合、ベーシックカラーはスタイリッシュな印象のモノトーンカラーですね。
オフィスカジュアルに取り入れるなら、色の薄いものと濃いものとのコントラストを意識したコーディネートを心がけましょう。例えばハイウェストの黒のパンツに白いシャツを合わせたり、色柄のはっきりしたワンピースと黒のカーディガンを合わせてもおしゃれです。 小物にショッキングピンクやロイヤルブルーなどビビットカラーを取り入れても華やかです。

ただオフィスでは会社の雰囲気に合わせて、バランスをとることも大事です。 服で目立つことができない場合は、ポーチやPCケースなどで個性を出してみては?

まとめ|自分に似合う色を元にコーデを楽しんで!

今回は、自分に似合う色をオフィスカジュアルに活かす3つのヒントをお伝えしましたが、いかがでしたか?
まだまだ先が長い社会人生活。自分に似合う色で、オフィスカジュアルを120%満喫してくださいね!

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ