他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

ID:

password:

無料会員登録

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

posted

絶対知っておきたい!世界遺産検定3級の学習のコツとポイント

絶対知っておきたい!世界遺産検定3級の学習のコツとポイント

皆さん、こんにちは!

連載「世界遺産検定3級合格のコツ」 、前回は世界遺産検定3級の難しい箇所とその攻略法についてお話ししました。

難しく感じる箇所とその対策についてはおわかりいただけたと思いますが、難しい部分だけ勉強しても、基礎ができていないと合格に繋がりません。世界遺産検定3級の学習のコツはどこにあるのでしょうか?

今回は、世界遺産検定3級全体から見た学習のコツや、絶対覚えておくべきポイントをご紹介します。

広告

出題傾向や出題配分の分析が重要

 世界遺産検定3級の学習のコツを知る前に、前提として知っておくべきなのが、世界遺産検定3級の出題傾向と出題配分です。
この2つを知って傾向を分析するだけでもぐっと合格に近づきます。

まずは、世界遺産検定3級の出題傾向からです(世界遺産検定公式サイトより)。

3級の出題範囲
  • 日本の世界遺産すべて
  • 世界の主な世界遺産100件
  • 世界遺産の基礎知識
  • 世界遺産委員会の開催国など
  • 審議された日本の遺産

「世界遺産」の出題では、世界遺産のある国、名称や、どのような世界遺産かなどが問われます。

次に押さえておきたいのが「世界遺産の基礎知識」
世界遺産の登録基準に関する詳細な知識は、2級の範囲内ですので、3級においては深堀りする必要はありません。
しかし、世界遺産の登録基準の定義、世界遺産条約が誕生した年、世界遺産の種類、世界遺産の目的など、世界遺産の基礎になる内容は理解しておきましょう。

次の「世界遺産委員会」に関してですが、これは原則年1回開かれる、世界の21ヵ国の代表による世界遺産の審議会のこと。

「審議された日本の遺産」は、日本政府が世界遺産に推薦した遺産で、世界遺産委員会にて審議されている、あるいは審議されたのち登録にまで至らなかった日本の遺産のことです。

それでは次に、世界遺産検定3級の出題配分(配点比率)を見ていきましょう。
基礎知識 日本の世界遺産 世界の世界遺産 その他
自然遺産 文化遺産
25% 30% 10% 30% 5%

表からわかるように、「日本の世界遺産」と「世界の世界遺産」で70%を占めます。
世界遺産検定3級の合格ラインが60%なので、これだけでもいけそうですが、出題範囲は世界遺産100件以上です。少しひねった問題だと70%の満点を取るのは難しくなります。

それなら、確実に点を取りにいける世界遺産の「基礎知識」と、数が限られる登録済みの「日本の世界遺産」(2018年10月時点での日本の世界遺産は、文化遺産18件、自然遺産4件の計22件)を重点的に勉強した方がよいです。
この2つで55%を占めるので、ミスがないくらい重点的に勉強しましょう。

世界遺産検定3級出題傾向

世界遺産をテーマで分類して紐づける

世界遺産検定3級の学習のコツは「基礎知識」と「日本の世界遺産」を重点的に勉強することだとお伝えしましたが、すべて正解しても55%。
合格ラインは60点なので、合格まで5点足りません。

ミスする可能性も考えると、プラスで世界の世界遺産もある程度は勉強しておきたいです。ただ、世界の世界遺産は数もあるので覚えるのが大変!

そこでおすすめしたいのが、世界遺産をテーマで分類して、紐づけるという学習です。
自然系の遺産、宗教関連の遺産、近代の遺産など大まかに分けて繰り返し比較するだけでも、違いがわかるようになります。
同じようなテーマ内を繰り返し勉強するのは、引っかけ問題を解くコツもつかみやすくなるのでおすすめです。

問題を多く解く学習で本番に慣れる

世界遺産検定3級の学習のコツとして、もう1つ押さえておきたいのが、本番に近い練習をすること。
テキストを読んで基礎知識をインプットすることは大切ですが、ただ読むだけでは頭に入ってきません。

世界遺産検定3級合格の重要なポイントは、問題を多く解いて問題に慣れることです。
問題を解く形で勉強を進めていけば、ただテキストを読むよりも、問題が印象づきやすくなります。さらに、繰り返し同じ問題を解くと、嫌でも内容が頭に入ってくるはずです。

問題を多く解くという学習は、問題に慣れるという意味はもちろん、知識を脳に定着させるという意味でもおすすめですよ。

世界遺産検定3級講座

マチュ・ピチュ世界遺産 マチュ・ピチュ

今回は、世界遺産検定3級の問題比率からどこを重点的に勉強していくべきか、効率よく頭に入れるにはどういった学習のコツがあるかについてお話ししました。
分類、問題演習を意識して学習すると、ただ読むだけよりも、ぐっと勉強の効率が上がりますよ。

さて、次回は最終回。世界遺産検定3級の勉強に必須なテキストについてお話しします。

参考URL:
https://unesco.or.jp/isan/about/
https://www.sekaken.jp/example/ex_class3.html
https://www.sekaken.jp/faq_class.html
https://www.sekaken.jp/example/detail.html

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ