他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

無料体験

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

posted

ストレスのない職場にするために!「苦手な人」との接し方5つのヒント

オフィス

職場で同じ部署やチームのメンバーの中に「苦手な人」がいると、毎日が憂鬱になったりストレスが溜まったりと、仕事の生産性も下がりますよね。

そんな時、苦手な人の性格や性質を変えようとしたり、相手に自分をあわせようと努力したりするのは、困難極まりないこと。したがって、自分の気持ちをいかにコントロールできるかが大切です

少しでも苦手意識を減らし、ストレスのない職場にできれば、自分にとってプラスになります。職場の苦手な人との接し方について、一緒に考えてみましょう。

広告

職場にいる苦手な人との関わり方5つ

1. そういう人なんだ、と割り切る

人を嫌うことはとてもパワーが要ることです。そんなことにパワーを使うのはもったいないと考え、「そういう人なんだ」と割り切ることが、まずは大切

「そういう話し方しかできない人なんだ」「そういう考え方しかできない人なんだ」「相手の気持ちを考えることができない人なんだ」などと解釈し、あとは気にしないことです。

2. 苦手な人とのコミュニケーションも仕事のうちと考える

適度に距離を保ちつつも、仕事をこなす上でどうしても関わりが必要な時は、「これも仕事のうち」と考え、仕事を完成させるために必要な業務だと割り切りましょう

仕事に私情を挟まない態度は、社会人として立派です。感情に支配されることなく、業務を達成できたなら、自分を褒めてあげましょう。

3. 反面教師にする

相手のどういう部分が苦手なのかを分析し、「自分にもそういう部分がないだろうか」「将来そのようにはならないでおこう」などと反面教師にします。

世の中には、昔自分が上司にされていた嫌なことを気づけば自分が部下にしていた、というケースもあるものです。そのような状況にならないための防止策になると考えましょう。

4. 相手に期待しすぎない

自己を律している人ほど、相手の嫌な部分を許せない傾向があります。

人を嫌うことはストレスに繋がり、結果、自分を苦しめることにもなります。まずは、自分に厳しくしすぎないようにし、相手にも期待しすぎないようにしましょう。そうすることで、イライラが減っていきます。

5. 我慢できない場合は相談を

仕事が滞るような苦手意識が消せない場合や、セクハラやパワハラに当たる扱いを受けている場合は、信頼できる上司や同僚に相談しましょう

場合によっては部署替えやチーム替えなどの配慮を受けられるかもしれません。
また、社内にハラスメント相談窓口があれば、専門的な知識に沿った解決を促してくれることでしょう。

苦手な人との接し方で注意したいこと

苦手な人との接し方で注意すべきなのは、「苦手な相手のことを、職場の人もみな苦手と感じているわけではない」ということです。

どんなに嫌な思いをさせられていても、あからさまに感情を出すのは控えましょう。
もしあなたが苦手意識を全面に出してしまうと、苦手意識を感じていない人は逆にあなたのことを「大人気ない」と感じてしまいます。そして、和を乱す人というレッテルを貼られてしまうことにもなりかねません。

苦手な相手に対しても、社会人として最低限の挨拶や礼儀は守るようにし、ビジネスライクに接しましょう。

職場でのストレスを最小限にすることが大切

オフィス

会社は、様々な個性を持った人が集まって仕事をする場所です。もちろん自分と気の合う人ばかりでなく、いろんなタイプの人がいて、どこの会社にも苦手と思える人がいるものです。

そんな中で、苦手な人とどのように関わったら自分のストレスが減らせるのか、今回挙げた中から自分に合う方法を見つけてみてください。
方法を試しているうちに、意外と気にならなくなっているものです。

人を嫌うことで消費しているエネルギーを、仕事やプライベートなど前向きな活動に回せるようになるといいですね。

関連する記事が他にもあります

バックナンバー

コラム「職場のお作法」

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ