他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

無料体験

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

2015/10/22 updated

選択している自覚はありますか?

選択している自覚はありますか?

この記事を読んでいるということは、

あなたは、「何か始めたほうがよい」と考えているか、あるいはすでに「何か始めた」ということでしょう。

仮に、「何かを始めたほうがよい」と考えているとしましょう。

実際に始めるためには、

・始めることを選ぶ(どれにするか?どれとどれにするか?)

・選んだことの実行を選ぶ(やる?やらない?あとでやる?)

という2つの選択(決定)が必要になります。

どちらもあなた次第です。

あたりまえと言えばあたりまえのことです。

ポイントは何か?

「自分で選んだという自覚」を強く持てるかどうかです。

どうして「強い自覚」が大事かというと、実際に「何かを始める」ためには、さらにもうひとつハードルがあるからです。

そのハードルとは、実際に行動を起こすことです。

一般に、「決断」「決意」が大事であると言われますが、実際はちょっと、というより、かなり違います。

「決めたのにやらない」「決意したのに始めない」ことは少なくありません。

あなたにも、1つや2つはそのような経験があると思います。

わたしにはたくさんあります。

実際に行動を起こせるかどうかは、決意の強さではなく、決意の納得感の強さに左右されます。

そして、この納得感は、自分で検討し、自分で選んだ(決めた)というプロセスに依存します。

この点を理解しておくことはとても大事なことだと思います。

 

関連する記事が他にもあります

広告

記事とあわせて確認したい内容

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ