posted

ストラテジ系(経営全般)編|合格者が伝授! ITパスポート勉強法

ストラテジ系(経営全般)編|合格者が伝授! ITパスポート勉強法

この連載「合格者が伝授!ITパスポート勉強法」では、ITパスポートの勉強法を合格者のエピソードを交えてお伝えしています。

第2回となる今回は、ITパスポートの出題分野3つのうち「ストラテジ系(経営全般)」について解説します。

IT企業に勤めていなくても、社会人として共通の知識が問われるのがこのストラテジ系(経営全般)分野。
企業活動、経営戦略に関する出題が中心で、難しい用語も出てきます。私も開始当初は、理解するのに時間が掛かりました。

しかし学習を進めてみると、実際の仕事内容とリンクする部分もあり、業務に落とし込める場面もありと、楽しく勉強できた分野でもありました。

出題分野3つの中でも、テクノロジ系に次いで試験範囲が広い分野です。余裕のあるスケジュールを組んで試験に挑みましょう!

広告

ITパスポート出題分野「ストラテジ系(経営全般)」概要

ITパスポート試験の出題分野の1つであるストラテジ系(経営全般)は、さらに「企業と法務」「経営戦略」「システム戦略」の3項目に分けられます。
この章では、各項目の概要をご説明します。

まずは例題を元に出題内容をイメージしていただきたいので、過去問題から1問出題します。

ストラテジ系(経営全般)の例題:
購買,生産,販売,経理,人事などの企業の基幹業務の全体を把握し,関連する情報を一元的に管理することによって,企業全体の経営資源の最適化と経営効率の向上を図るためのシステムはどれか。
ア ERP イ MRP ウ SCM エ SFA
(正解:ア ERP)

では、各項目について具体的に見ていきましょう。

企業と法務

企業と法務は「企業活動」と「法務」に分類されています。

「企業活動」

  • 企業が何のために存在しているのか、活動する指針となる考え方
  • 企業の組織構成(業務を効率的に行うために組織を編成)
  • 経営資源であるヒトを管理、経営戦略に沿って生産活動を計画
  • 図を使った分析、計画

「法務」

  • コンピュータのセキュリティに関する法律
  • 労働基準法など関連法規

経営戦略

「経営戦略マネジメント」「技術戦略マネジメント」「ビジネスインダストリ」に分類されています。

「経営戦略マネジメント」

  • SWOT分析「強み(Strength)」「弱み(Weakness)」「機会(Opportunity)」「脅威(Threat)」など自社にとっての、市場機会や事業課題を発見する

「技術戦略マネジメント」

  • 各事業における目標を達成するための業務レベルでの具体化した戦略(ビジョンの設定から実行計画策定まで)
  • 現状維持だけではなく、長期的展望に立って、企業の技術力を発展させる立案、計画法
    など

「ビジネスインダストリ」

  • ICカード、インターネット上のショッピングサイト、インターネットバンキングなど、ビジネスの分野で使われているシステムについて

システム戦略

「システム戦略」「システム企画」に分類されています。

「システム戦略」

  • ITを効果的に活用して業務活動を業務の効率化を図る
  • 情報技術(会計業務ソフト、販売管理ソフト)を利用した問題解決手法

「システム企画」

  • 対象業務の問題点を分析し、システムを用いて解決する手法

ストラテジ系(経営全般)の勉強法とメリットは?

出題分野3つの内、コンピュータの構造などが出題されるテクノロジ系が一番範囲が広く、ITパスポート全体で100問のうち、42問程度が出題されます。
テクノロジ系に次いで範囲が広いのがストラテジ系で、35問程度が出題される、重要度の高い分野です。

勉強法としては、用語を問う問題が多いので、過去問を中心に解くことをおすすめします。
そうすることで知識が定着でき、分野別最低ラインの3割は突破できることでしょう。

ストラテジ系の知識を学ぶと、メリットも多いです。
例えば、普段EC(オンラインショッピング)を利用する方は多いと思いますが、買い手側と売り手側のそれぞれ留意すべき点を学べるのでリスクを把握し判断することができるようになります。
売り手側は実店舗を持たなくても販売することができますが、その反面、競合店舗が多ければ宣伝コストが負担になることがあります。
また、買い手側は実店舗に行かずに購入できる反面、購入前に実際の商品を触ることができないので購入前によく考える必要がある、といった具合です。

ITを利用する際のリスクを分析することで、適切な対処ができ、損失を回避できるメリットもあります。
例えばコンピュータを使用してインターネットに接続する際、ウイルスに感染するリスクを分析したうえでウイルス対策ソフトを使用することで、機会損失を回避できるという具合です。

また、システム企画の考え方を知ることで、マーケティング業務の流れを理解できるメリットもあります。

私も、実際の仕事で社内のITシステム利用ルールを作成する際、不正アクセス禁止法など関連法規を元にしてスムーズに利用者側の対策を立案することができ、社内での評価向上に繋げることができました。

ストラテジ系(経営全般)の攻略法と頻度が高い問題は?

ストラテジ系の勉強法は前述のとおり、テキストである程度内容を理解したうえで、過去問・練習問題に取り組み、わからない用語を都度確認する方法がおすすめです。

例えば企業活動でCSRの略語がでてきたら、用語の意味を調べましょう。

Corporate Social Responsibility

  • Corporate(企業の)
  • Social(社会の)
  • Responsibility(責任)

つまり、企業の利益ばかりではなく、「社会へ与える影響についても責任を持ちましょう!」といった意味合いであることがわかります。

このように1つ1つの用語を調べてイメージを膨らませると、記憶に残りやすいです。

また法務では多数の法律から出題されますが、攻略するうえで重要度が高いのは、知的財産権です。
産業財産権(工業製品の保護)と著作権(創作的表現されたものを保護)、ほか個人情報保護法の出題頻度が高いです。

データ分析手法のSWOT分析、PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)も過去に多く出題されていますので、確実に押さえておきましょう。

合格者が伝授!「IT力」が身に付くITパスポート勉強法

ITパスポート試験の出題分野3つのうちの1つ、ストラテジ系について勉強法をお伝えしました。
この分野は社会人に密接な関係がある企業活動や、身近な法律について問われます。会社員の方は業務の見直しとして、これから活躍される学生さんにとっては社会人生活の予習として、ITパスポートの勉強はいい機会だと思います。
ITパスポートを取得して、自分自身のスキルアップに役立てましょう!

次回はマネジメント系の分野について、勉強法を詳しくお伝えします。

ITパスポート講座

参考URL:
https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/guidance/trial_examapp.html

無料登録でオンラインの資格講座を体験しよう!

資格受け放題の学習サービス『オンスク.JP』では様々な資格講座のオンライン学習が可能です。
最短20秒の無料会員登録で、各講座の講義動画・問題演習の一部が無料体験できます。

※無料会員は、決済情報入力なしでご利用可能。
※自動で有料プランになることはありません。

無料体験でできること

無料会員登録

オンスク.JP 講座一覧

関連する記事が他にもあります

バックナンバー

合格者が伝授!ITパスポート勉強法

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ