他のサービスIDでログイン

  • Facebook
  • Google

メールアドレスでログイン

ID:

password:

無料会員登録

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

2018/2/12 updated

転職の面接(2)想定外の質問も怖くない!面接官の狙いを知って対処しよう

転職の面接(2)想定外の質問も怖くない!面接官の狙いを知って対処しよう

こんにちは。古橋拓真です。
連載「これで後悔しない!良い転職活動にするための鉄壁の準備」、前回からは面接の場で気を付けるべきことについてお伝えしています。

今回は、「面接で想定外のことを聞かれたら」についてお話していこうと思います。

広告

想定外の質問をしてくる面接官の狙いとは?

面接官の狙い

確かに思ってもいないことを聞かれると、人というのはたじろいでしまうものです。
色々な準備をして臨んだのに、本当にうまくいかなかった…という経験をお持ちの方もいるかもしれませんね。

エントリーシートの片隅に書いた趣味や特技の話であったり、極端なものだと「最近どうですか?」ときかれたり…。

面接の限られた時間で対処するのは難しいと感じている人も多いでしょう。

しかし、ここは考え方を変えてみてください。想定外の質問をする面接官にも、ある狙いがあるはずです。

それは「なるべく普段に近いあなたが見たい」ということです。

面接に臨んでいる皆さんは、ある程度緊張した状態で臨んでいます。それは普段のあなたとは違う状態です。
それはある意味仕方のないことなのですが、面接官としては、なるべく素のあなたを見たい。ですから様々なアプローチをしてくるのです。

想定外の質問も怖くない。こう考えて対処する!

想定外の質問への対処

それでは、あなたはどのように対処すればよいか。やや難しいかもしれませんが、その場の「会話のキャッチボール」を楽しんでください。

もちろん、あなたの方から「これだけは伝えたい」というものもあるでしょう。
しかし、それとは別に「あ、ここでは、きちんとした会話ができるか試されているんだなぁ」くらいの気持ちで臨めばOKです。

ここで転職活動、特に面接に臨むうえでの考え方について、さらにお話しておきましょう。

転職活動というのは、とてもエネルギーのいることです。しかし、あらゆる面で新卒の就職活動よりは楽な部分もあります。

例えば、「失敗したとしても、“保険”がある」ということ。
もし、どこからも採用という返事がもらえなくても、今の会社にとどまるという選択肢が残ります。事情は人それぞれだとは思いますが、心に余裕を持って臨むことができるのではないでしょうか?

また、転職活動における面接では基本的に、あなたの「人となり」を見ているんだということを意識しておくといいでしょう。

もちろん、「今までに培ったスキル」や「仕事の実績」も採用されるか否かについては大事です。

しかし、面接官がとりわけ想定外の質問をしてくる場合は、あなたの人となりやあなたが様々な経験を経て「どんな仕事上の哲学」を持っているかを知りたいのです。

会社にはそれぞれの風土があります。そことフィットするかは、採用する側にとってどうしても判断しなければならない大事なことだからです。

「想定外のことを聞かれると本当に困る」「面接で緊張し過ぎてアガってしまう」という人は、「自分の人となり“だけ”を、面接官は知ろうとしているんだ」くらいの気持ちで臨んでもいいかもしれませんね。

今回は、「面接で想定外のことを聞かれたら」をテーマにお話しました。次回は、面接の最後で「質問はありませんか」と聞かれたときの対応について、お話していこうと思います。

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ