他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

ID:

password:

無料会員登録

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

posted

アロマテラピー検定の学習スケジュールと試験当日の受け方のコツ

アロマテラピー検定の学習スケジュールと試験当日の受け方のコツ

前回まではアロマテラピー検定の概要や、学習内容、精油の覚え方などをお伝えしました。
今回は、試験までのスケジュールの立て方や、試験当日の受け方のコツについてご紹介します。

毎日学習時間を確保できる方もいれば、休日しか勉強できない方もいるでしょう。自分に合った学習スケジュールを立てて、無理なく勉強に取り組んでくださいね。

広告

アロマテラピー検定は年に2回実施

アロマテラピー検定

アロマテラピー検定は年に2回(5月、11月)実施されます。
申込期間は試験の約2~3ヵ月前となっていますので、うっかりして申込期限を過ぎてしまうと、次の試験まで半年も待たなくてはいけません。

これから勉強を始めて知識がついたらアロマテラピー検定を受験しようと考えている方もいらっしゃるでしょうが、受験者のデータを見ると、検定試験のための勉強期間は意外と短いです。

ちょうど申込期間頃から勉強を始めても合格する人は多いので、勉強する時間が確保できるなら、受験を先延ばしにせず、早めに挑戦してみるのもよいかもしれません。

アロマテラピー検定は、2級が午前、1級が午後に実施されます。
着実に合格したいなら、まずは2級に挑戦するという受け方でもいいですし、いきなり1級を目指すことも可能です。
いきなり1級を受験するか迷う方は、1級と2級を併願するといった受け方もできますよ。

アロマテラピー検定の試験日について

アロマテラピー検定の勉強期間

アロマテラピー検定の学習期間

アロマテラピー検定に向けての学習期間ですが、アロマテラピー検定の公式サイトに掲載されている合格者データでは、最も多いのが3ヵ月で37%、続いて2ヵ月が31%となっています。

ほとんどの人が3ヵ月以内の勉強期間で受験しているのに合格率は90%なので、短期のスケジュールで合格したい方には嬉しいデータですね。

ある程度アロマテラピーに接してきた方なら、1ヵ月以内のスケジュールで合格できたという人もいるようです。
人それぞれ勉強に費やせる時間には差があるでしょうが、テキストや手作りノートを持ち歩いて、通勤時間や会社の昼休みなども目を通すようにすれば、短期間でも勉強の成果が上がります。

覚えることが多いので、週末にまとまった時間をとって勉強するよりも、毎日短時間でもコツコツ勉強した方がいいように思います。

特に精油のプロフィールなど、暗記が必要な部分は日々の積み重ねが大事です。
私自身は自分でノートを作って覚える方法が合っていましたが、「テキストを何度も読み返す」「語呂合わせで覚える」「表や図を作って覚える」など、自分に合った方法を見つけるのがいいと思います。

効率よく勉強を進めるためにも、データで最も多かった3ヵ月をスケジュールの目安にして、勉強をスタートしてはいかがでしょうか。

香りテスト対策に便利な精油セットは、試験が近づくと品薄になることがあるようです。テキストや精油セットは早めに入手しておくことをおすすめします。

独学でアロマテラピー検定に合格したい!理解しづらい分野をクリアする方法とは

検定の受け方のコツ

香りテスト

アロマテラピー検定は最初に2問の香りテストがあります。落ち着いて試験を受けるためにも、早めに会場に行って、混雑する前にお手洗いなどは済ませておきましょう。

香りテストの後は4択の筆記問題となっています。
問題数は2級が55問(50分)、1級が60問(70分)なので、わからない問題があれば飛ばし、わかる問題から解いていきましょう。
試験の合格ラインは正解率80%なので、もしわからない問題が出ても、他でカバーできれば大丈夫です。

問題をよく読んで、正しいものを選ぶのか、それとも誤ったものを選ぶのかを確認し、うっかりミスをしないように注意しましょう。

また、香りテストがありますので、当日は香水をつけないで会場に入るようにしましょう。香水をつけていると香りテストの邪魔になり、自分だけでなく周りの人にも影響を与えてしまうかもしれません。

柔軟剤やヘアスタイリング剤など、香水以外にも香りが残るものもありますので、試験の受け方のマナーとして、香りには気をつけておきましょう。

まとめ

「アロマテラピー検定」は、多くの人が短期間の勉強で受験しています。まとまった時間がとりにくくても、空いた時間に少しずつテキストを読んで、暗記すべきところは工夫して覚えていきましょう。

以上5回にわたり、アロマテラピーの魅力や勉強方法についてご紹介しました。
あなたもアロマテラピー検定の勉強をして、今まで以上に香りを生活に活用してみませんか?

参考URL:
http://www.aromakankyo.or.jp/licences/aroma/data/
http://www.aromakankyo.or.jp/kentei/

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ