posted

法律初心者がビジネス実務法務検定3級を独学!おすすめのテキストとは?

法律初心者がビジネス実務法務検定3級を独学!おすすめのテキストとは?

この記事をご覧になっている皆さんは、ビジネス実務法務検定3級を独学で勉強すると決め、教材を探しているところかと思います。

中には「法律なんて勉強したことがないから、できるだけやさしい内容のテキストがいいんだけど…」と、お困りの方もいるかもしれません。

今回はそんな皆さんのお力になるべく、法律初心者におすすめなビジネス実務法務検定3級のテキストを、おすすめの使い方とあわせてご紹介します。

広告

ビジネス実務法務検定3級テキストの選び方

ビジネス実務法務検定3級のテキストは、主に以下の3つに分類できます。

① 出題範囲をもれなくカバーする、厚めのテキスト

このタイプのテキストの代表は、公式テキストです。

出題範囲をもれなくカバーしているのが最大のメリットですが、ページ数が多いこともあり、法律初心者には少しとっつきにくいかもしれません。

ですが、カバーする範囲が広いので、受験後もテキストを傍に置いて何かと調べたい方に向いています。

なお、このタイプのテキストの場合、問題集もあわせて購入することになります。

② テキストと問題集が合体したテキスト

このタイプのテキストは、さらに以下の2つに分類できます。

・テキストの各章ごとに多めの問題が配置されているタイプ
・問題集がメインで、解説を多めにしているタイプ

教材が1冊で済むのがメリットですが、1冊しか無いぶん解説が少なめ。「わからないところはそのままにしたくない」という方にはあまり向かないでしょう。
また内容的に細切れに勉強することになるので、「全体像を把握しながら勉強したい」という方にも不向き。

逆に言えば、「とにかく短期間で合格したい」「暗記が得意」という方に向いているタイプのテキストです。

③ ①よりは薄めの、出題範囲を絞ったテキスト

このタイプのテキストは、出題範囲を絞っているため、公式テキストより薄いというメリットがあります。
「あまり時間はかけたくないが、内容は理解しながら勉強したい」「全体像を見ながら進めたい」という方に向いているでしょう。

なお、このタイプのテキストの場合は①と同様、問題集もあわせて購入することになります。

法律初心者おすすめのビジネス実務法務検定3級テキスト

前段で、ビジネス実務法務検定3級のテキストには3つのタイプがあることをお話ししましたが、法律初心者の方へのおすすめテキストは、③の出題範囲を絞ったタイプです。

というのも、3級で想定されるのは「ビジネスパーソンとして最低限知っているべき法律実務基礎知識」であるものの、法律用語は初心者にはなかなか厄介だからです。
「善意」「悪意」などの一般的な意味と違う意味の用語や、「心裡留保」「物上代位」などの一般にはほとんど使わない用語を、さらりと理解できるようにならないといけません。

その点を考えるとテキストは、解説が親切で、図や表も適度に使われているほうが、法律初心者にとっては理解しやすいです。

というわけで今回は「出題範囲を絞ったタイプ」のテキストをご紹介します。

ごうかく! ビジネス実務法務検定試験®3級 攻略テキスト

ごうかく! ビジネス実務法務検定試験(R)3級 攻略テキスト

おすすめポイント:
・公式テキストより薄いので勉強しやすい(出題頻度が高い項目中心)
・本文が2色刷りでシンプルかつ見やすい(重要箇所がわかりやすい)
・図や表が比較的多く、初心者でも理解しやすい

2020年3月に出たばかりのテキストですが、初心者向けによく工夫されています。
ビジネス実務法務検定3級は、過去問から似た問題が出ることがあるのですが、テキスト内でそういう頻出箇所が、わかりやすくアイコンで表示されているのも高ポイント。
ときどき出てくる語呂合わせもセンス良く、思わず笑ってしまいますよ。

ごうかく! ビジネス実務法務検定試験®3級 攻略問題集

ごうかく! ビジネス実務法務検定試験(R)3級 攻略問題集

上記テキストと同シリーズの問題集もあわせてご紹介します。

こちらのおすすめポイントは、各章が「一問一答」「知識の整理」「本試験形式の問題」で構成されているところ。

ビジネス実務法務検定3級の問題には、1つの問題で正誤を答えさせる形式もあれば、1つの長文の問題に5ヵ所の空欄があり、語群から正解を選ばせる形式もあります。

一問一答タイプの問題集は、アウトプット学習用に最適なのですが、試験の出題形式に一部合いません。

その点この問題集には、各章に「本試験形式の問題」が含まれるため、当日になって見慣れない出題形式に慌てなくてすみます。

なお今回ご紹介したテキストと問題集は、資格の教材には珍しく装丁がスタイリッシュ。テキストがゴールド基調、問題集がシルバー基調で、あわせて持ち歩くとちょっと気分が上がりますよ。

テキスト・問題集のおすすめの使い方

資格勉強はインプット(テキストを読む)も大事ですが、アウトプット(問題を解く)の方がもっと大事。

テキストを数日間でざっと読んだら、さっそく問題集に着手しましょう。
問題集を1章進めるごとに、間違った問題・理解が曖昧な問題に印をつけ、該当箇所をテキストで確認します。これを、問題集を3周まわすまで繰り返します。

なおオンスクのビジネス実務法務検定3級講座は、上記テキストに準拠して作成されています。講義時間は13.5時間、問題数は258問。

問題を解いた後、ここをもう少し確認しておきたいな…と思ったら「関連講義」ボタンをタップするだけ。講義は1コマ10分程度。わかりづらい箇所も、ベテラン講師の説明ですっきり理解できます。
キーワード検索機能で関連講義を絞り込みすることもできるので、スキマ時間でビジネス実務法務検定3級をより効果的に勉強できますよ。

「テキストを読んでもわかりづらい…」「自分は読むよりも、聞いたり見たりする方が頭に入りやすいんだけど…」という方は、ぜひ試してみてくださいね。

ビジネス実務法務検定3級講座

今回は、法律初心者の方の独学におすすめの、ビジネス実務法務検定3級テキストについてご紹介しました。

ビジネス実務法務検定の試験は7月、12月の年2回。
初心者の方でも、1~3ヵ月(30~60時間)あれば十分合格のチャンスがあるこのお役立ち資格、さっそくテキストを手に入れて学習をスタートしてみてくださいね。

参考URL:
https://bookstore.tac-school.co.jp/book/detail/54595/
https://bookstore.tac-school.co.jp/book/detail/54596/

無料登録でオンラインの資格講座を体験しよう!

資格受け放題の学習サービス『オンスク.JP』では様々な資格講座のオンライン学習が可能です。
最短20秒の無料会員登録で、各講座の講義動画・問題演習の一部が無料体験できます。

※無料会員は、決済情報入力なしでご利用可能。
※自動で有料プランになることはありません。

無料体験でできること

無料会員登録

オンスク.JP 講座一覧

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ