posted

気象予報士が教える!試験別勉強法①

気象予報士が教える!試験別勉強法①

皆さんこんにちは。気象予報士の木田淳史と申します。
今回より4回にわたり、気象予報士受験の勉強法と合格への道のりについて、私の経験を交えながらご紹介していきたいと思います。

第1回のテーマは「気象予報士試験の概要と勉強法」です。気象予報士になりたいけど、何から始めていいかわからない…、効率的な勉強法ってないの…なんて疑問をお持ちの方はぜひ最後までお付き合いください。その答えがきっと見つかるはずです。

広告

気象予報士試験ってどんなもの?

気象予報士試験の勉強法についての詳しい話をする前に、まずは試験の概要についてご紹介しておきたいと思います。試験が行われるのは1月と8月、合格のチャンスは年に2回です。

気象予報士試験は午前の部と午後の部に分かれています。午前中はマークシート方式の学科試験です。そして午後には記述方式の実技試験が行われます。

午前中の学科試験に合格しないと実技試験は採点されないため、まずは学科試験合格を目指すことが最初の目標です。

ここでポイントとなるのが「学科試験に合格すれば、その後1年間(チャンスは2回!)は学科試験が免除となる」ということです。

ですから、まずは学科試験合格のみを目指すのもおすすめです。この場合、じっくり時間をかけて実技試験対策が可能となります。合格までに時間はかかりますが、試験の難易度などを考えますと、多くの人にとって現実的なラインのはずです。

気象予報士の試験日等

気象予報士の勉強法とは?

続いては勉強法について触れていきたいのですが、学科試験・実技試験に共通して言えることが「気象学に関する基礎知識が欠かせない」ということです。試験問題を解きまくるといった付け焼刃的な勉強法では、残念ながら合格することはできません。

知識量の基準となるのが「一般気象学(小倉義光)」という教科書です。多くの気象予報士が持っている本で(私も持っています)、ここに書かれている知識の理解は欠かせません。
「一般気象学(小倉義光)」については、過去の記事「気象予報士合格にかかる勉強時間ってどれくらい?」や、「気象予報士試験の合格に必要な力と勉強法とは?」でも触れていますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

とはいえ、この「一般気象学」を読み込むのは結構大変で…。私も初めて手に取ったとき「無理かも」と思いました。なにせ大学の講義で使われる教科書ですから、内容はそれなりにハイレベルです。

当時理系大学生だった私でも読むのがツラかったことを覚えています。ですから、よほど理系に親しみを抱いている人以外、いきなり「一般気象学」を手に取ることはおすすめできません。

「気象予報士かんたん合格テキスト(気象予報士試験受験支援会)」など、気象学初心者向けに書かれている本も多数ありますので、まずはそこからスタートして気象の基礎を学んでいきましょう。

あるいはオンラインの学習サービスなどもおすすめです。要点がまとめて紹介されており、効率的な勉強法と言えます。

そしてある程度の知識が身に付いた段階で「一般気象学」に挑戦してみてください。これこそが気象予報士を目指すための王道の勉強法と言えます。

ある程度の知識を身に付けておけば、「一般気象学」も内容を理解しながら読み進めることができるはずです。ここまでくれば気象予報士合格のための基礎知識は十分と言えます。内容を忘れないように定期的に読み返してください。

気象予報士合格に数学は必要?

先ほどご紹介した「一般気象学」には、それなりに数式が登場します。しかもその数式が結構難しく、理系の人以外は理解できないはずです。

けれどご安心ください。気象予報士試験に合格するために、数学は必要ありません。

「一般気象学」に書かれている数式は、言葉での説明を補足するためのものです。ですから文章をしっかりと読み込めば、その内容は理解できます。数学が苦手という人は数式を読み飛ばしながら読み進めばOKです。

また、気象予報士の試験で数式が問われることもなく、気象現象を理解していれば問題ありません。ですから文系出身でも合格することはできますし、算数しか学んでいない小学生でも合格することができるのです。

勉強以上に大切なのがモチベーションを保つこと!

気象学の基礎知識を身に付けると共に重要なことは、気象予報士へのモチベーションを保ち続けることです。

気象予報士試験は難易度もそれなりに高く、長時間の勉強が必要です。さらに合格率は5%程度と低いため(私も2回落ちました)、心が折れそうになることもあります。

私も何度となく「もう諦めようかな…」と思いました。それでも挑戦し続けたのは天気が好きだったということと、どうしても気象予報士になりたかったという思いです。それが無かったらおそらく諦めていたはずです。

気象予報士になりたい理由は皆様それぞれだと思いますが、時々その想いを見つめなおしてはモチベーションを高めてください。

なお、「テレビ関係の仕事がしたい!」や「お天気キャスターになりたい!」とお考えの人も多いかと思います。アナウンサーの友人に聞いたことがあるのですが、気象予報士の資格を持っていると、それだけで就職は俄然有利になるそうです。そういったことを考えるのもモチベーション維持に大切ですよね。

ユーザーに表示する画像名

今回ご紹介した通り、気象予報士を目指す第一歩は、気象学に関する基礎知識を身に付けること、そしてモチベーションを保ち続けることです。

次回はより具体的に「学科試験」の勉強法についてご紹介していきたいと思います。お楽しみに!

気象予報士講座

無料登録でオンラインの資格講座を体験しよう!

資格受け放題の学習サービス『オンスク.JP』では様々な資格講座のオンライン学習が可能です。
最短20秒の無料会員登録で、各講座の講義動画・問題演習の一部が無料体験できます。

※無料会員は、決済情報入力なしでご利用可能。
※自動で有料プランになることはありません。

無料体験でできること

無料会員登録

オンスク.JP 講座一覧

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ