他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

無料体験

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

2017/12/22 updated

不動産の知識もモノにできる!FP3級の取得に必要な期間とは?

不動産の知識もモノにできる!FP3級の取得に必要な期間とは?

【問題】
Aさんからこんな質問をされました。
「マイホームを建てようと思って、祖母が亡くなって空き家になっていた建物を壊して更地にしたんだ。それでいざ建てようと思ったら、前の道路からずいぶん距離を取らないと建てちゃダメだって言われて、せっかくのマイホームなのに予定よりかなり小さくなっちゃいそうなんだよ。どうしてだい?」
さて、あなたならなんて回答しますか?

こんにちは!今日もFPの知識を利用して、ふるさと納税で寄付をしました。お礼の品は、和牛の切り落とし肉1キロ…届くのが楽しみです♪

連載「知らないと損!FP3級で身に付くお金の知識」前回はFP3級の難易度についてお話ししました。

3級は入門資格ということもあり、生活の中での身近な事例が多く、親しみやすい試験内容となっています。
そのとっつきやすさと、全体の6割を正解すれば合格ラインに立てるという合格基準から、試験は簡単だったと感じる人が多いようです。

そうはいっても、知識の無い人がまったく勉強せずに合格する、というのは難しいでしょう。具体的には、どのくらいの勉強期間が必要なのでしょうか?

広告

FP3級合格に必要な期間~ビジネスマン編~

仕事をしていると、どうしても勉強に使える時間は限られてしまいます。

しかし、FPの資格は業界によっては昇格の条件に設定されているなど、転職の時のアピールポイントになりますから、取っておいて損はありません!
経済の話題にも詳しくなるので、営業の方はお客様との話のネタとしてもおすすめですよ。

ビジネスマンのFP3級合格のための勉強期間は、正直なところ人によってかなり差が出ると思います。
例えば日経新聞を読む習慣がある人と、そういった知識はゼロという人とでは、土台となる条件が違うからです。

前者ならば2週間程度の勉強でも一発合格というのも夢ではありません。
後者ならば3ヶ月は見ておいた方が安心でしょう。
どちらにしても、通勤時間や休憩時間のスキマ時間をいかに活用するかがカギとなってきます

ちなみに、私が合格のために要した期間は3週間ほど。毎日退社後に2時間くらい勉強しました。
多少なりとも仕事で培った金融知識があったので、その点が大きかったと思います。

FP3級合格に必要な期間~主婦編~

最近は主婦の方の受験も多いようです。
ご主人から家計のやりくりを任されて自然とお金に関する意識が高まり、受験を決意されるみたいですね。

主婦の方でも加入できる個人型確定拠出年金(iDeCo)の導入や、配偶者控除の見直しなど、無視できない話題も増えてきました。
興味のある方は今こそ受けることをおすすめします!

日中の時間を十分に勉強にあてられる主婦の方であれば、1ヶ月での合格も夢ではありません!…が、小さなお子さんがいると勉強時間がまとまって取れないことも。
不測の事態にも対応できるように、ゆとりを持って期間を設けるといいですね。2~3ヶ月は見ておきましょう。

試験のチャンスは年3回!計画的に受験しよう

FP3級がチャレンジしやすいのは、試験が年に3回あるということも大きいでしょう。

5月、9月、1月に開催されますから、勉強時間の確保が不安な人は、仕事の繁忙期や子供の受験シーズンは避けて受験するということも可能です。

また、学科と実技のふたつの試験から構成されていますが、どちらか一方合格した場合は一部合格となり、一定の期間、合格した方の試験は免除されますよ。

そうはいっても、勉強にそんなに多くの時間は割けない!という人は、とにかく効率的に勉強して、1分1秒の濃度を上げるしかありません。

次回は効果的な勉強方法の紹介と、1ヶ月の短期間で一発合格を狙えるのか調査結果をご報告します。
気になる人は要チェック!

【冒頭の問題の答え】
FP3級を勉強していればすぐわかりますね!
昭和25年に施行された建築基準法では、敷地の前面道路は原則で幅員4m以上の広さが無ければ建物が建てられないことになっています。

もしその広さが無いのに建てる場合は、道路の中心線から水平距離で2mの位置まで敷地を後退(セットバック)させなければならず、使える面積が大幅に小さくなってしまうことも…。

Aさんのおばあさまの古家はおそらく建築基準法施工以前に建てられたもので、当時は敷地いっぱいに家を建てることができたのでしょうね。

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ