posted

事務職のスキルアップ・転職に役立つおすすめ資格5選

事務職のスキルアップ・転職に役立つおすすめ資格5選

皆さん、こんにちは!

今回は、事務職スタッフの皆さん向けに、日常の仕事や就職・転職の際に役立つ資格をご紹介します。おすすめするのは、次の5つです。

  • 秘書検定
  • ITパスポート
  • ビジネス実務法務検定
  • 日商簿記
  • 宅建

この5つの中には、総務や経理、人事など、どの分野の事務職にも役立つ資格もあれば就職・転職の際に有利になる資格もあります。

人生100年時代を迎え、長く働けるようスキルアップしたり、より自分に合った仕事をするために転職を考えたりする人が増えている時代です。

スキマ時間でコツコツ学んで取得できる5つの資格を見ていきましょう。

広告

「秘書検定2級」で事務職のマナーを学ぶ

秘書検定2級は、事務職も含めた社会人の一般常識やマナーを学ぶことができる資格です。秘書ではない一般社員でも、上司の下で指示された仕事をするという点で、秘書の技能は役立ちます。

具体的には、ビジネス用語の知識や敬語の使い方、名刺の扱い方などのビジネスマナーや香典の送り方などの冠婚葬祭のマナーなどが身に付きます。

どんな職種でも使えて一生役立つ知識やマナーが学べる資格です。

秘書検定2級の試験概要

試験予定月 年3回(6月、11月、2月)
受験資格 特になし
受験料 4,100円
受験地 全国各地
試験形式 筆記試験(マークシート方式および記述方式)
試験内容 一般知識、マナー・接遇、文書作成等の技能など
秘書検定2級 3級講座

「ITパスポート」でIT基礎知識を身に付ける

ITパスポートは経済産業省が認定する、情報処理技能の入門編とも言える国家資格です。
2020年より全国の小学校でプログラミング教育が必修化されることからも、国が情報処理の分野を重要視していることがわかります。

国がいう「職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識」を学ぶのに役立つのが、ITパスポートの資格です。
つまり、情報システム部門以外でも、パソコンなどを扱う社会人にとっては必要な知識が学べる資格といえます。

ITパスポートはITの基礎知識はもとより、会社経営の知識、プロジェクトマネジメントの知識まで、ITを中心として幅広い知識が学べる資格です。
また定まった試験日は設定されていない為、月に何回も試験が実施され、受験がしやすい資格です。

ITパスポートの試験概要

試験予定月 指定された試験日は特になし(任意の試験日を選択)
受験資格 特になし
受験料 5,700円(税込)
受験地 全国各地
試験形式 原則、パソコン上で解答するCBT試験
試験内容 経営全般、IT管理、IT技術
ITパスポート講座

「ビジネス実務法務検定3級」で法務トラブルを避けられる

ビジネス実務法務検定3級は、企業の法律部門で働く人だけでなく、営業や総務などの部門で働く人にとっても必要な知識が学べる資格です。
例えば契約書の締結といった日常の経営活動全般が、法律に照らしあわせて適切かどうかを知ることができます。

契約書の締結の他にも、会社法に基づく財産の管理、労働基準法に準じた雇用契約書の策定など、企業で働く中で役立つ知識が取得できます。

特に、役職者や役職につくことを目指す人に役立つ資格といえます。

ビジネス実務法務検定3級の試験概要

試験予定月 年2回(7月、12月)
受験資格 特になし
受験料 4,400円(税込)
受験地 全国主要都市の商工会議所
試験形式 筆記試験(マークシート方式)
試験内容 企業取引の法務、企業活動に関する法規制などの基礎的な法律知識
ビジネス実務法務検定3級講座

「日商簿記3級」でスキルアップまたは転職に備える

日商簿記3級は、経理部門で働くことを目指す社会人にとって必須の知識が学べる資格です。日商簿記は知名度が高く、現在一般事務職の社会人がスキルアップや転職する際にも役立つ資格と言えます。

どんな企業でも経理の仕事は必要です。簿記の知識を身に付けておけば、企業の中でなくてはならない存在になれます。

日商簿記3級の試験概要

試験予定月 年3回(6月、11月、2月)
受験資格 特になし
受験料 2,850円(商工会議所により別途事務手数料が必要となる場合があります。)
受験地 全国主要都市の商工会議所および商工会議所が指定する会場
試験形式 筆記試験(記述方式)
試験内容 基本的な商業簿記(購買活動など、企業外部との取引を記録・計算する技能)
日商簿記3級講座

「宅建」で不動産事務に強くなる

宅建(宅地建物取引士)は、不動産関連の企業で仕事をするなら取得しておきたい国家資格です。持っていない社員に比べて大きな仕事を任されやすくなり、評価が上がって昇進にも結びつくでしょう。

また、転職で不動産関連業界を目指す場合にも、大変役立つ資格といえます。求人票には「宅建士資格を持っている方優遇」と書かれていることが多く、履歴書の資格欄に「宅地建物取引士」と書くことができれば転職がスムーズです。

宅建の試験概要

試験予定月 年1回(通常10月第3日曜日)
受験資格 特になし
受験料 7,000円(非課税)
受験地 全国各地
試験形式 筆記試験(マークシート方式)
試験内容 宅地および建物についての実務や法令など
宅建講座

忙しい社会人が資格を取得するには、わざわざ出かけなくてすむ在宅タイプのオンライン講座がピッタリ。自分のペースにあわせて、スキマ時間で少しずつ学ぶことができるのも便利です。
興味のある資格を取得して、スキルアップや就職・転職に役立てましょう。

参考URL
https://jitsumu-kentei.jp/HS/index
https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html
https://www.kentei.org/houmu/
https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/class3
http://www.retio.or.jp/exam/takken_shiken.html

オトナ女子を楽しもう!タイプ別おすすめ趣味講座~診断つき~

大人の女性におすすめの趣味講座をご紹介。
性格や志向から4つのタイプに分類し、診断結果からあなたにピッタリの講座が見つかります。

タイプ別おすすめ趣味講座

タイプ別おすすめ趣味講座

無料登録でオンラインの資格講座を体験しよう!

資格受け放題の学習サービス『オンスク.JP』では様々な資格講座のオンライン学習が可能です。
最短20秒の無料会員登録で、各講座の講義動画・問題演習の一部が無料体験できます。

※無料会員は、決済情報入力なしでご利用可能。
※自動で有料プランになることはありません。

無料体験でできること

無料会員登録

オンスク.JP 講座一覧

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ