他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

無料体験

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

2019/5/5 updated

SPIって何?就活生が知っておきたいSPIの目的と対策方法

SPIって何?就活生が知っておきたいSPIの目的と対策方法

書店の就活コーナーに平積みにされるSPI対策の本を目にしたことがありませんか?
SPIは人物のスキルや性格的な傾向を見ることが目的ですが、勉強で対策が可能です。だからこそ就活生の関心が高く、書店でも対策本が平積みされるのです。
今回は、SPIの対策方法についてご紹介します。

広告

SPIとはどんなもの? | 対策を立てる前にSPIの目的を知ろう

まず対策を立てる前に、SPIがどんなものなのかを軽く説明しましょう。
SPIはSynthetic Personality Inventoryの略で、採用や人材育成のためのサービスを提供しているリクルートキャリアが開発したもの。人物の能力や適性を総合的に判断できるテストとして、およそ4割の企業の採用試験に取り入れられています。
企業だけではなく自治体の採用試験でも取り入れられているほど、メジャーな適性検査です。

SPIによって人物の知識レベルや性格的な傾向がわかるため、企業は学生が「どんな仕事・組織に向いているか」を総合的に判断できます。
SPIの内容は「言語分野」「非言語分野」「性格」の3分野にわかれており、約300問が選択方式で出題されます。

受検のタイミングは企業によってバラバラですが、1次試験または2次試験で受けるパターンが多いことから、採用者の絞り込みに使われるテストといえるでしょう。
そのため、なんの対策もせずに受検するのは、自分から内定への門戸を狭くしてしまっているようなもの。

SPIにはWEB方式とマークシート方式のペーパーテストがありますが、方式や受検会場などは企業が指定します。回答時間はペーパーテストが110分、WEB方式が65分となっており、回答にはスピードも必要です。

SPI対策はいつから始めればいい? | 始め時をチェック

SPI対策に必要となる時間は、一般的に50~60時間と言われています。
学力を判断する「言語分野」「非言語分野」のレベルはどちらとも中学程度なので、大学生であれば50~60時間程度勉強すれば正答率を上げることが可能だからです。

仮に対策時間の合計を60時間と設定し、1日1時間ずつ勉強していくとすると、だいたい2ヵ月程度が必要になる計算です。SPIの解禁は3月1日であり、SPIが採用試験の早い段階で登場することを考えれば、大学3年の1月ごろが対策の始め時といえます。

注意したいのは、企業の採用活動が本格化してくる時期とSPI対策の時期がかぶる点。何かと忙しく、SPI対策に十分に時間を当てられなくなるおそれがあります。実際、私の後輩も対策に時間をかけられないまま受検し「この会社には落ちたと思った」と言っていました。

SPI対策は何をすればいい? | 具体的な試験対策

SPIの中身ですが、

テスト分野は「言語分野」「非言語分野」「性格」の3分野
「言語分野」…主に国語の能力チェック。 「非言語分野」…主に算数・数学の能力チェック。 「性格」…行動パターンから性格をチェック。

となっています。
まずテストの分野についてですが、「言語分野」は日本語の読み書きができれば回答ができるので、比較的点が取りやすいと言えます。ただ、類義語や対義語、ことわざなども出題されるので正答率を上げるためには対策が必要です。

「非言語分野」は推論、場合の数、集合、損益計算など、知らないと計算できない問題が出題されることから、重点的に対策をしておきたい分野です。
「性格」に関しては、自分に近い行動パターンを選択していく問題になるので、嘘をつかないようにすれば大丈夫。

また、SPIの特徴に「問題数が多い」というのがあります(問題数は300問)。WEBとペーパーテストでは回答時間が異なりますが、300問を制限時間で割ると、1問当たり1分程度。
長文読解など必ずしも当てはまらない問題もありますが、時間切れで回答できなければそのぶんスコアが下がってしまうため、「素早く回答する」というスキルが求められます。

ですから、制限時間内で全問回答できるようにトレーニングしておきましょう。そのためには1つの問題にじっくり取り組むのではなく、わからない問題が出てきたら回答を見て問題のパターンを覚え込む方法が有効です。
また、無料で受けられる模試やアプリなどを活用すると、制限時間内に回答するためのトレーニングになります。

OB・OG訪問のメリット

SPIの対策方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか。
SPIは事前に対策をすれば高得点が出せるものですが、対策を取る時期には就活も本格化してきます。気が付いたらSPI直前だった、と焦らないように、しっかり予定を立てて行動しましょう。

参考URL:
https://job.rikunabi.com/contents/test/3229/
https://www.c-academy.co.jp/advice/180/
https://shukatsu-mirai.com/archives/24214

関連する記事が他にもあります

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ