他のサービスIDでログイン

メールアドレスでログイン

無料体験

パスワードを忘れた方

会員登録時のメールアドレスを入力してください。
パスワード再設定するメールを送信します。

2016/7/22 updated

アンケート結果発表 「夏バテ対策」について

アンケート結果発表 「夏バテ対策」について

本日は、第10回ユーザーアンケートの結果を発表します。
おうかがいしたのは「あなたの夏バテ対策は?」
史上最高の暑さになるとの噂のこの夏、体調をくずしてしまっては、仕事も勉強もはかどりませんよね。
オンスクユーザーの皆さまは、どんな夏バテ対策をされているのでしょうか?

そもそも「夏バテ」ってどんな症状?何が原因?

その前に、“自分は夏バテになったことないな~”なんて、思っている、そこのあなた!

「だるい」「なんか食欲ない」「おなかの調子がよくない」「頭痛がする」…

真夏や夏も終わりの涼しくなったころ、そう感じたことがあったら要注意!

それ、夏バテの可能性大ですよ!

で、何が原因で夏バテになるかというと、室内外の温度差や冷房の使い過ぎ等で、体温調節がうまくできなくなることだそうです。

「夏の体調管理法(4)夏バテが勉強の邪魔をする!?対策3つのポイント」

さて、オンスクユーザーの皆さまの夏バテ対策は?

夏バテ対策回答

複数回答可としたところ、半数以上の方が、複数選択されていました。さすが仕事と勉強を両立されるオンスクユーザーの皆さま、体調管理の意識が高いです!!

1位:「水分を意識してとる」

これ、簡単なようで難しいと思うんです。
以前お医者さんに、毎日1.5リットルの水分(室内にいることが多い一般男性の場合)をとるように言われたことがあります。

ふつうのカップや缶コーヒーの容量が180~200mlだから、それで8杯くらいを毎日飲む…。ジュースやビールは抜きにしてですよ?(ジュースは糖分のとりすぎになるし、アルコールはそもそも水分補給にならない)
けっこう大変ですよね!

あとは、水分を意識してとったとしても、冷たい飲み物ばかりだと、逆に夏バテしやすくなっちゃいますし。常温の飲み物か、つど熱いお茶をいれる…暑い季節にはちょっとキビしいけれど、慣れれば快適なのかな?

ほぼ同率2位:「睡眠を充分とる」「スタミナのつく食べ物をとる」

「睡眠を充分とる」

第9回のアンケートで、オンスクユーザーの皆さまの睡眠時間が日本人平均よりだいぶ短いことが判明しておりますので、気をつけていただきたいところです…(第9回の記事では、質の良い睡眠のコツも掲載!未読の方はぜひご覧ください☆)。

「スタミナのつく食べ物をとる」

夏といえば「うなぎ」!ですね。うなぎにはビタミンB1が豊富に含まれていて、本当に夏バテ対策になるそうです。ほかには豚肉、ぶりなども同様だとか。
また、ビタミンB1の吸収をサポートするアリシンを含むネギ類(ニンニク、ニラ、玉ねぎ等)を一緒に食べるとより効果的。豚生姜焼き定食、ブリの照り焼き定食なんか、いいですね!外食ばかりになってしまう方も、食材をうまく選べば充分、夏バテ対策になりますよ!

参考元「夏バテに効く食べ物・食材7選」

3位:「体を冷やしすぎない」

最近は熱中症予防のために、寝る時も冷房を活用することが推奨されています。
これで一晩中冷房をつけている方、そして目覚めたとき手足がひんやりしている方、要注意!
冷やしすぎですよ!私が身をもって体験したばかりです。この記事作成中、絶賛夏風邪中です…

人の体は目覚めに向けて体温を上げていくそうなので、冷房をつけて寝るときは、目覚める数時間前にオフになるようようタイマーをセットすることをおすすめします。
「夏の体調管理法(5)冷房が効いた部屋で勉強する際の注意点とは」も参考になりますのでご覧くださいね。

4位:「食べ(飲み)過ぎない」

こちらは、暑いからといって、冷たいものをとりすぎて体を冷やさないようにするということなのかなと思います。
でも…夏ならではのかき氷、フラッペ、それになんといってもビアガーデン!暑い中の生ビール、最高ですよね!

ま、もし暴飲暴食してしまったら、次の日は温かいものだけ食べて過ごすとか、調整すればいいと個人的には思います(言うのは簡単ですが…)。

5位:「その他」

大きく分けて、「運動する」「冷房をなるべく使わない」という発汗系(?)と、「ビタミンやミネラルをとる」「塩分をとる」という栄養摂取系となりました。

適度な運動は、血行をよくしたり汗をかくことで、体温調節をスムーズにする効果があるということですね。

栄養摂取の効果については「スタミナのつく食べ物をとる」でも記載のとおり。食べ物からとりきれないなあと思ったとき、ビタミン系のサプリメントは手軽でいいですよね!

塩分については、汗を大量にかいた後の補給が重要で、冷房の効いた室内にいる人はあまり気にしなくてもいいと聞いたことがあります。とにかく炎天下で長時間過ごした後が、要注意ということですね。

6位:「何もしない」

回答された方は、
① 真に健やかな身体をお持ちである
② 夏バテになっても気づかない
③ 夏バテになっても別に気にしない
のいずれかですね。皆さん①であることをお祈りします。

今回の記事は以上です。

オンスク.JPでは、今後も定期的にアンケートを実施させていただきますので、勉強の息抜きにぜひチェックしてみてくださいね!

関連する記事が他にもあります

バックナンバー

アンケート結果

広告

お友達紹介特典URL発行

ログインが必要です

ページトップへ